名古屋市中村区の歯医者さん「宮本歯科」

宮本歯科は名古屋市中村区の歯医者さんです。 中村区を中心に名古屋近郊の患者さんの歯とお口の健康サポートをする歯科医院です。

急患、歯科治療のご予約はお電話TEL 052-411-8054 でご相談ください。
訪問歯科診療の問合わせもお電話で受け付けております。
歯やお口のお悩みもお気軽にご相談ください。

カテゴリ: スタッフ研修歴

しばらく更新を怠っておりましたが、閲覧して下さっていた方々が多く、更新希望の声もたびたび聞かれましたので、折角の機会に久しぶりの更新をしてみます。

老年歯科医学会へ参加しに、仙台に行ってきました。

54029D61-D44C-48A7-8B01-2D66F5253F56




これまで3年間、愛知県は在宅歯科医療(訪問歯科・歯科往診)ができる歯科医師の養成という目的のもと、愛知学院大学に在宅歯科医療学の寄附講座を作り、教育をしてきました。

今回は宮本歯科からの演題発表はありませんでしたが、大学教員として歯学部の学生への在宅歯科医療学の教育を行ってきた3年間の軌跡を共同演者という立場で発表してきました。


7B92B4AA-69CB-40CA-9F55-80481B604AC8




過去の軌跡を振り返ると色々思い出されるもので。


私は「歯科外来へ来られない状態になった患者さんに寄り添った医療を行いたい」という想いから、訪問診療の世界にのめり込み、訪問診療をする歯科医師を募集している医院を渡り歩いてきました。

しかしながら、歯科医師を雇いたいという医院はどこも患者で溢れており、自分が思う「寄り添う医療」を行うにはとても時間が足りませんでした。


そこで理事長先生に「赤字になってしまうけど、本当に患者さんのためになる医療をしたい」と相談して、開始された当院訪問診療部。


今ではその想いに同調してくれる歯科衛生士も増え、当院に実習に来てくれている学生さんまで「もし自分(学生さん)自身が要介護状態になったら宮本歯科に訪問診療に来て欲しい」と言ってくれるまでに成長したのは有難い限りです。


何より、訪問先の施設長や看護師、患者さんの担当ケアマネ、さらにはその家族etc...医療介護の専門家までが普段は訪問診療を行なっている私どもの外来診療に通って頂いているのは誇りです。


ただ、最近ではありがたいことに口コミなどによる依頼も増えているものの、私どもが行なっている医療の質を維持するために、新規の方々の枠がなかなか作れないのが現状です。

ご迷惑をお掛けしておりますが、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。





宮本佳宏

先日、東京で行われた老年歯科医学会で二村先生と共に2件、学会発表して来ました。

 
B4DFC046-D763-4877-B803-562541B10092
1つめの演題は、これまでに当院で訪問歯科診療部門を立ち上げてから、現在に至るまでの実態についての調査を行い、医院周辺の地域医療と当院の特徴についての考察を行い、二村先生が発表されました。

2つめの演題は、愛知学院大学歯学部の学生さんへの要介護高齢者における歯科教育を行ったことによる効果についての考察を行い、大学教員という立場から共同演者として発表させて頂きました。

  私は当院で訪問診療部門を立ち上げる前に、色々な医院で訪問診療のアルバイトをさせて頂きました。現在、日本は超高齢社会なため、訪問診療のニーズはあるものの、自分の本当にやりたい最期まで寄り添う医療を実践させて頂ける環境にはありませんでした。

そのため、「患者さんの人生に最期まで寄り添う想いを持ってくれる歯科医療従事者を育てて、世の中の医療をより良いものにしていきたい」という想いで理事長先生にお願いして、「赤字になっても良いから、宮本歯科から本当に良い医療を拡げるように」と許可を得て、四年前に立ち上げました。

見かけが大きく立派な医院の割に、意外と少数の人員で細々と密濃く行なっているので、医院内で情報の共有が行いやすく、教育も行き届きやすい環境。

この四年間で色々ありましたが、全ての出逢いは大切な宝物。担当患者さんが呼吸困難で緊急を要する時や、まさに亡くなりそうな時、または亡くなった直後でご家族もすごくお忙しい中、昼夜を問わず歯医者に連絡を下さるような関係が築けているのは、本当に感謝しています。

そして、その想いをしっかり受けとめて、緊急時には患者さんの元へ我れ先にと駆け付けてくれる仲間たちにも本当に感謝しています。

いつかはその仲間たちも宮本歯科から少しずつ巣立っていって、遠く離れた地域で最期まで寄り添う医療を啓蒙して、日本の医療が思い遣りに満たされたものになりますように。

宮本佳宏

最近、勉強会ネタの更新は滞り気味ではありましたが、変わらず地域医療・介護の環境改善のために講習会は開き続けていますよ。


介護士の介護現場での医療行為(喀痰吸引)は長らく不可とされてきましたが、平成244月から社会福祉士及び介護福祉士法が一部改正され、50時間の講義と試験9割以上の取得、その後の実地研修を経て条件付きで可能となりました。


今回は、その全ての過程を経てきた介護士のみを対象に特別養護老人ホーム なごやかハウス名楽さんで喀痰吸引講習会を開催させていただきました。


登壇させて頂いたのは当院主任歯科衛生士 近藤先生。


20人弱を3グループに分けて、それぞれの班に吸引シュミレーターのQちゃんを配置(なごやかハウスさんにご用意頂きました)してのレクチャー。


E575A4F6-2339-4838-B856-A0D63A05F6F4


アシスタントとして、今年入職の高坂先生もお手伝い。模擬痰をシュミレーターの中に注入してくれてます。今回はこの模擬痰を吸引器で吸い出すことで、シュミレーターの詰まりかけた気道を開放する実習です。


ED49E925-62F9-47C9-A5DC-97FB3652655B


今回は講義、試験、研修が一通り終わっている方々が対象なので、進行も比較的スムーズで、質問内容も高度なものです。


DD3BC081-091D-4AE4-8E97-C2035EB860B9


人体に吸引カテーテルを入れたらどのように見えるのか。なごやかハウスの看護師、鹿島先生の身体を張った見本。鼻から挿入して、ほら、口を開けると喉に見えるでしょ、の見本。


907C8BC5-C15F-4908-8908-47A1BC624543


やはり、介護保険利用者さん(患者さん)にも吸引する立場として、吸引される側の苦痛も知っておく必要があります。各々、自分の鼻に挿入しての体験。


58C9EF15-6010-4055-89C6-7F58C6F32F18


5C7A97F6-995F-4C47-816C-B3AF71C903E5


やはり、自分でやると「(痛みだったりつっかえ感があって)入りません」となったりする事もあります。


そこでなごやかハウス看護師、安定の佐藤主任。するする挿入していきます。


5610E16E-F502-4109-BCB9-6AB4158049C9


誤嚥、窒息時にあると心強い吸引器ではありますが、使いこなせる人がその時その現場にに居ないと意味がありません。


資格を持つ介護士がいざという時に的確な吸引操作が行えるよう、当院は関連施設と協力し合って高め合っていきます。


宮本佳宏

今月の院内スタッフ勉強会の講師担当は私、宮本佳宏でした。

勉強会を引き受けるにあたって、受付・歯科衛生士・歯科医師に焦点を絞って去年からコツコツとスライドを作って挑みました。驚いたことに、自分の作ったたった40分ぶんの勉強会スライドから今年の歯科衛生士国家試験には3問、歯科医師国家試験には1問出題がありました。

私、診療と並行して現役の大学教員もやっており、歯学部生や臨床研修医を中心に講義をさせて頂いておりますが、本当に押さえておいて欲しいポイントを簡潔にまとめられるようになったことを実感させられ、密かに喜んでおりました。

また、当院では歯科臨床研修医と歯科衛生士専門学校の学生さんの臨地実習として受け入れており、当院で学んだ事を今後の彼ら彼女らの歯科医師・歯科衛生士人生の糧のひとつとして頂いております。その責任からも教える側としても研鑽と教育体制も整えていきます。

72883A58-2A7C-409A-AF7C-61AB07EA958F

特別養護老人ホーム「なごやかハウス名楽」さんでの定例勉強会でした。

当院から主任歯科衛生士の松田先生が登壇させて頂き、口腔機能の加齢変化について、体験実習を織り交ぜながらお話させて頂きました。

松田先生は審美・ホワイトニングの認定資格を持っており、普段は主に外来診療部門で活躍しておりますが、今回の高齢者に関わる勉強会の講師を担当するにあたり、ひたすら高齢者歯科学の本を読みふけり、自分自身の勉強と資料作りをすごく頑張っておりました。新しい知識が入ってくることに楽しみを見出して、日々勉学に励む姿には脱帽です。

勉強会も、質疑応答が活発に繰り広げられ、嚥下障害が始まった際の具体的なリハビリテーション方法や食事形態(性状)についての特徴や決定する際の判断基準についてもお話させて頂きました。普段は皆すごく忙しい職種なので、時間を作って集まって、現場で関わる多くの職種が集まって意識や考えの統一を図れる機会があることはありがたい事です。しかも、なんと今回は他の特別養護老人ホームで勤務をされている方にまでわざわざお越しいただいたりして恐縮です。

これからも他の職種からも色々とノウハウを吸収しながら、歯科からは歯科の専門知識を発信して、それぞれの専門家が要介護高齢者の安心生活をサポートし合える関係性を保ちいけたら幸いです。

↑このページのトップヘ