名古屋市中村区の歯医者さん「宮本歯科」

宮本歯科は名古屋市中村区の歯医者さんです。 中村区を中心に名古屋近郊の患者さんの歯とお口の健康をサポートをする歯科医院です。

急患、歯科治療のご予約はお電話TEL 052-411-8054 でご相談ください。
訪問歯科診療の問合わせもお電話で受け付けております。
歯やお口のお悩みもお気軽にご相談ください。

カテゴリ: スタッフ研修歴

「歯医者さんに聞く事じゃないかも知れないけど、、」

よく言われる、コレ。脳神経のこととか、心臓血管のこととか、内臓のこととか、骨のこととか。

患者さんや介護者は悩みがあっても、そもそもどこの病院にかかって良いのかすら分からず受診を躊躇・放置してしまうこともある。

歯科として診断まではできないけど、なんとなく当たりをつけてどこの科に相談したら良いかのアドバイスはできます。中には全身疾患の相談のつもりが実は歯科領域が原因だったりすることもあります。

とりあえず相談さえして頂ければ分からない事は全力で調べてさしあげられるし、自分には検討もつかなくても親身になって一緒に原因を考えてくれる横のつながり(医師・看護師や栄養士、療法士)も広いものです。

口の中の痛みで脳神経外科を紹介(三叉神経痛)になったり、頬の腫れで耳鼻科を紹介(耳下腺炎)になったり、歯茎のタダレで皮膚科を紹介(類天疱瘡)になったり、顎の腫れで血液内科を紹介(悪性リンパ腫)になったり。歯科医師・歯科衛生士が診たり、相談に乗ったことで適切な診療科に受診できて、症状が楽になることもあります。

そもそも在宅診療にプライドを持って真剣に取り組んでいる歯科医師・歯科衛生士は知識の宝庫だし、他科とのチームワークが強力です。

当院は少ない人員で非効率的に行う在宅での道具の準備・片付け中も立派な相談を受け付けの雑談タイム。ひとつひとつに時間がかかるので医院としてのキャパシティは小さく、あまり多くの患者さんを抱えるだけのキャパシティはないですが、自分なら自分のような医療人にみられたいという想いで日々寄り添う診療をしております。

ご迷惑をお掛けしますが今後とも宜しくお願いします。

73F3C872-6FAE-4BA3-8056-B878DB6B9D3E


この度、老年歯科医学会の代議員を申し仕りました。

老年歯科医学会は今年で30周年を迎え、2019年時点での会員数は4,000名を超えました。歯科医学会(38学会で合計38,417名)の中では1番大きな学会の1つ。その代表として選ばれたからにはこれまで以上に高齢者歯科診療の発展と進歩のために社会貢献していく所存です。

また、老年歯科医学会は1959年に発足された老年学会の7学会(老年医学会、老年社会科学会、老年歯科医学会、基礎老化学会、老年精神医学会、老年看護学会、ケアマネジメント学会)のうちの1つで、高齢者に対する医療・介護福祉のスペシャリストが日本全国から一同に揃う7学会合同の学術大会が2年に1度開催されます。

合同大会では歯科だけでなく、他科医療・介護福祉を併せて大多数の人が集まって新しい知識や道具を広め合うので本当にワクワクします。次の開催は来年の名古屋で予定されています。その頃には新型コロナウィルスが収束していて欲しいものです。

さて、今年から、医健の歯科衛生科の学生さんに対して高齢者歯科学についての講義を任せて頂けることになりました。ありがたいことに講義中は誰1人として眠ることなく聴いて頂けて、さらに講義の感想としては泣いた・感動したなどのコメントが多く見られたことをすごく嬉しく思います。

歯科衛生士は摂食嚥下機能の評価、機能向上のリハビリテーションにおいてすごく力を発揮します。歯科衛生士の存在価値を社会から理解して貰えるよう采配できる歯科医師がもっと増えてくれる事、またその想いに応えてくれる歯科衛生士が増えてくれる事を心から願っています。

今年入職された歯科医師と歯科衛生士が内視鏡を用いた嚥下機能評価の自主勉強会を開いておりました。

先輩が基本動作や安全な操作、評価方法までレクチャーしてくれています。

C3E27196-3498-4686-B059-188E96D9BA7B

"

当院に臨地実習に来てくれている歯科衛生士学校の学生さんは学校で内視鏡実習もされてくるのですが、愛知学院大学はやらないのが悲しいところ。

相互に通し合った感想は「思ったより痛くなかった」とのこと。そうなんです、ちゃんとやれれば意外と痛くない。知識や技術だけで無く、内視鏡検査をされる患者さんの気持ちまで分かってもらえて良かったです。

447009A5-7169-40F7-99C6-49112F6BEC18


FC4A8A84-86CD-40B9-960E-63720F0FBC33


約半年間に及び参加させて頂いた大阪の歯科矯正のセミナーは今日で最後です。

最近では専ら書いているのが私に偏りがあるためか、個人的な友人知人から「ブログ読んだよ」という声を聞きます。果たして、このブログを読んで頂いている方で医療介護職以外の方はどれだけいるのでしょうか。もしみえましたら来院された時にでもブログ見たよとお声掛け頂け下さい。照れます。

ところで、私には子供がおります。なかなか起きている子供とゆっくり過ごす時間は少ないですが、子供の前ではすごく真面目でヒョウキンな私なので、「お父さんが大好きだから、自分もお父さんみたいな歯医者さんになりたい」と言ってくれるようになった事を嬉しく思います。

そんな子供から、「ねーねー、しかえいせいしってなに?」と質問がありました。世の中のどれだけの人がその質問の答えをご存知でしょう。きっと、歯科医師・歯科衛生士によっても違った答えが返ってくるでしょう。

ちなみに、私は我が子に「お父さんと同じ、歯医者さんに勤める、人の命を救う先生だよ」と答えました。

当院の歯科衛生士はフットワークが軽いため、窒息しかかっている時や外傷で口腔内出血が止まらない時にも電話を受けることがあり、駆けつけます。そこまで信頼される歯科衛生士が当院に在籍してくれている事を誇りに思います。

さて、縁というのは本当に不思議なもので、在宅歯科医療にプライドを持って打ち込んでいると、その道(在宅医療)で同じようにプライドを持って打ち込んでいる仲間と巡り合わせがありました。

その詳細については追々、、。

宮本佳宏

B529680B-471B-4C38-9B0F-A756D3958D61


今日は今年から講義をしに行かせて頂くことになった医健さんの歯科衛生科2年生(担当生徒たち)の研究発表を聴きに行きました。

歯科衛生科からは4演題エントリーしており、指導教官によって研究内容のカラーはありますが、どれもこれもすごく洗練されておりました。学会発表や論文執筆の足掛かりとなる発表会みたいですが、学生さんに質問を投げかけてもちゃんと応答することができ、とても20歳とは思えない完成具合に感動しました。

まだできて4年の学校ではありますが、学生時代からこんな教育が受けられていると世に台頭する歯科衛生士を多く輩出する学校になるのではないかと思わされました。




そのあと、宮本歯科でも勉強会がありました。

主任歯科衛生士の山下先生からは患者さんごとの歯ブラシの選択についての発表がありました。一昨日、これまた医健の歯科衛生科の学科長先生と話していて、自分の歯ブラシについての知識の無さに恥ずかしさを覚えたところです。やはり歯科医師は歯ブラシについて弱い...というか歯科衛生士は口腔衛生管理に関わる知識が凄まじくあることを再認識させられました。

ふむふむと話を聞き入っていたら写真を撮り忘れてしまいました...

また、先日ACLSの資格更新をした主任歯科衛生士の近藤先生からは一次救命についての発表がありました。

D5D8F303-8E3C-409C-BE09-3ED31DFE2D09


実は、2月1週目の土日は歯科医師国家試験だったのですが、そこでは救命処置や心電図に関わる問題も何題か出題されておりました。

781BE575-7CAF-4D4B-BD9B-B16E89C79685


果たして世の中の歯科医師で心電図を読める人がどれくらいいるのかは分かりませんが、今の世の中では心電図が読めることが歯科医師にも求められているという事でしょう。

当院では、歯科衛生士が心電図の知識を発信してくれているという意味でも救命処置に力を入れており、院内対応はもちろん、院外対応まで視野に入れた情報共有もしております。

救える命が少しでも多く救われますように。


宮本佳宏

↑このページのトップヘ