名古屋市中村区の歯医者さん「宮本歯科」

宮本歯科は名古屋市中村区の歯医者さんです。 中村区を中心に名古屋近郊の患者さんの歯とお口の健康サポートをする歯科医院です。

急患、歯科治療のご予約はお電話TEL 052-411-8054 でご相談ください。
訪問歯科診療の問合わせもお電話で受け付けております。
歯やお口のお悩みもお気軽にご相談ください。

カテゴリ: スタッフ研修歴

FC42009E-08A4-46B6-B991-DE3E68C3C4EC


今日は地域のお子さんや高齢者などが安全で住みやすい街になるようにボランティア活動をされている方々を対象に誤嚥性肺炎とリハビリ体操についてのお話をさせて頂く機会がありました。

いつもは歯学部の学生さんや臨床研修医さんに対してやっている講義のような内容で(一応、講習内容のリクエストがあったため、スライドはほぼ全部作り直しました)お話をさせて頂いたのですが、今回は恐れ多くもバリバリ働かれている人生の先輩がたにお話をさせて頂いたので、レスポンスがいつも全然違ってとても新鮮でした。

そして、いつもと違った想定外のレスポンスに対応しきれず、予定より早く終わって時間が余ってしまうという失態もありましたが、フロアからの質問を頂けたり、すごく楽しい時間を過ごすことができました。

早いもので、今年度ももう終わりで、来年度が始まります。次年度始め早々の4月には歯学部と歯学部附属病院で得意分野の講義を3回お任せ頂けているので、スライドの再構成などをしながら今からワクワクします。

宮本佳宏

597B7E34-A23D-4E1F-B297-453AA5100281

歯医者に数ヶ月に一度通っても虫歯が無くならないという方はいませんか。

虫歯の原因は歯に付着した細菌です。

夜に完璧に近い歯磨きをしても細菌を完全なゼロには出来ないので、朝起きたら口の中ではまた細菌が増殖しています。なので、実は虫歯は日常的に起きているのです。虫歯になった事がないという人は、表面だけのすごく軽微な虫歯のときに、唾液の力で自然治癒(再石灰化)しているのです。

もちろん、ツルツルピカピカの歯の方が細菌を効率良く除去できるので、歯医者で治療として行うのは、歯石を除去したり、虫歯を詰めたり、いわゆる歯磨きをしやすいツルツルピカピカの歯にすることによる虫歯ができにくい口腔内環境作り。

そこで、虫歯予防を語る上で外す事ができない、生活習慣。

虫歯の原因となる細菌は砂糖が大好き。
砂糖を食べて元気になって、さらに虫歯を作ります。
砂糖ではない代用甘味料としてキシリトールが有名ですが、歯医者さんでキシリトールの正しい知識を語れる人は意外と少なかったり。

今月の院内勉強会は歯科衛生士の原先生による、キシリトールのお話。

海外の文献などの堅苦しい知識をクイズ形式や体験実習に変換しながら、キシリトールについての知識を楽しく共有させてもらいました。

もしキシリトールの効果に興味がある人は宮本歯科のスタッフに 聞いて下さいね。
宮本佳宏 

042394A7-735D-41B5-AA49-42B5078072F5


作業療法士という職種についてご存知でしょうか。

理学療法士、言語聴覚士と並ぶ、リハビリテーションセラピストの国家資格です。

歯医者との現場の関わりとしては、食事が摂れなくなった方に対して、歯医者が主に口腔の問題を専門とするのに対し、作業療法士は食事を摂るための道具や姿勢(作業)を専門にして、いかに患者さんの生活の質を高めるかという問題に対して連携をしていく事を多く経験します。

しかしながら、それ以外に作業療法士がどんな職域で活躍されているのかを、恥ずかしながら私自身が知りませんでした。

今回、沖縄県の琉球リハビリテーション学院教員の作業療法士の楠木先生にお越しいただき(今回はわざわざこのためだけにはるばる沖縄県から!!)、精神福祉の分野で患者さんの本当にやりたい事や想いをいかに引き出して、モチベーションを高めて行くか、多職種を集めたグループワークを開いて頂きました。

楠木先生の学校の学生さんにも人気の講義内容とのことで、当院で多職種(ケアマネ、介護福祉、理学療法、言語聴覚、薬剤、歯科、学生、お子さんなど)の集まる講習会でも色々な視点で活発な意見が飛び交いましたが、さすがは現役の教員だけあって出た意見を全て丁寧に拾ってまとめて、参加者からも楽しかったという感想が多く得られました。

今年度最後の多職種連携会も多くの職種が顔の見える関係での意見交換ができました。開始してからもう2年で20回も続いている本勉強会は講師の先生がたの熱い想いとご厚意で成り立っております。来年度もまた多くの講師の先生がたの力をお借りしながら、継続していけたら嬉しい限りです。

宮本佳宏

IMG_5353
以前、ご縁がありまして新道ケアコミュニティそよ風様から口腔ケアの重要性と方法についての講習会の依頼を頂き、主任歯科衛生士の近藤先生が登壇し、当ブログにも掲載http://miyamotoshika.blog.jp/archives/通所介護利用者様向けの講演会.htmlさせていただきましたが、そのご縁で今回も名古屋南ケアセンターそよ風様から主任歯科衛生士の近藤先生に講習会の依頼を頂きました。

今回は25名程の利用者様に集まって頂きましたが、当方の用意した映像がスクリーンに映らないトラブルがあり、一瞬場が白けそうな場面がありましたが、そよ風様の介護職員の方がアドリブで始めて下さった頭の体操で盛り上がり、さすがの場を白けさせない・飽きさせないテクニックに感服させられました。

そして、講習会では多くの利用者様が参加して下さっているにも関わらず、誰にも寝られることなく皆様真剣に歯ブラシを持って、講習を聞いて歯磨き練習して頂けました。終わると「先生、今日はありがとう。家でも試してみるね!」と利用者様達から声を掛けて貰い、こちらのそよ風様でも温かい空気に包まれて近藤主任自身もまた楽しんでおりました。

名古屋南ケアセンターそよ風様はカラオケを楽しめるだけではなく、カラオケシステムの中に認知症予防のプログラムが入っているなど、利用者様が楽しく通って認知症予防ができる工夫が至る所に施されておりました。こんなのがあったらいいながすでにあるといいますか、いろいろな機械の説明を聞いているだけでも、すごく楽しむことができ、利用者様がそよ風様へデイサービスに通うのを楽しみにしている理由が良く分かりました。

この仕事を始めてから縁が縁を呼んで、医療と介護の連携の輪が拡がっていくのをしっかり感じ、とても嬉しい限りです。

宮本佳宏 

IMG_5367


介護保険施設の中には特別養護老人ホームや介護老人保健施設がありますが、どちらも協力歯科医療機関というものを立てて、かかりつけ歯科医院が無くても必要時にスムーズに歯科受診ができるようにしておくことになっております(努力義務規定)。

今回、当院が特別養護老人ホームなごやかハウス名楽様の協力歯科医療機関として指定して頂けることになり、「特に誤嚥性肺炎のリスクが高い方」や「重度の認知症で歯科的対応が困難なケース」を始めとして当院が名楽様のサポートをさせて頂ける事になりました。

そこで、まずは看護・介護スタッフ等の方々を対象に口腔ケアの重要性についての勉強会を開かせて頂けることになり、私が登壇させて頂きました。21名もの職員の方に集まって頂き、質疑応答も沢山して頂けたのですごく嬉しかったです。

質問の中で「何故、当院はみな認知症の方への歯科対応がすごく上手なのか。特別な勉強会や研修会などに行っているのか。」というものがありました。

当院から訪問診療に出ている歯科衛生士はいきなり利用者様の所に行って処置を始めたりせず、まずは看護・介護スタッフと適切に連携を取ってから利用者様の居室へ伺い、全身状態の評価・把握をした上でその時に最善と考える介入方法で対応させて頂いております。

重度の認知症のケースを拝見させて頂いていると、中には本当にどうやっても対応が困難なケースにぶち当たる事もあります。

我々は歯医者であり、認知症対応では現場の看護師・介護士には絶対に敵いません。なので、その時には介護スタッフが口腔ケアを行う様子を見学させて頂き、教えて頂きながら介入しています。看護師・介護士こそ認知症対応の先生ですから。

口腔と健康についての専門家と介護の専門家がタッグを組める環境だからこそ、より良いケアが行えるのだと思います。そんな環境を作ってくれる、周りの仲間たちに感謝です。

宮本佳宏

↑このページのトップヘ