近年、社会的にも、歯科への意識が高まってきていることもあり
虫歯治療の際に必要となる詰め物・被せ物を
保険適用外のセラミック素材の白い詰め物・被せ物で希望される方が増加しています

セラミック治療って聞いたことはあるけど、メリットがよくわからない
という方が多いかと思いますのでご紹介します


セラミックは透明感と色調調整が抜群で美しさの評価が高く、
  世界中で最も使用されているとも言われています


患者様に選ばれる理由は・・・・

 審美性
 やはり1番大きな理由は審美性です。
 当院では常駐している歯科技工士が、患者様ご自身の歯の色に合わせて作り上げるため
 本物の歯に限りなく近いものが出来上がり、詰め物・被せ物をしているように見えません。

笑ったときやお食事のときの印象が変わってくるので、気にされる患者様が多いです



しかし!
歯科医師がセラミック治療をオススメする1番の理由は審美性ではありません
では、なぜオススメしているのでしょうか・・・・・




 適合性が高い
 適合性が高いため隙間ができづらく、二次的な虫歯になる確率が低くなります。
 (※適切な口腔ケアをしていただくことが前提です。)
 接着剤も保険適用のものとは違いますので、はずれてしまう確率も低くなります。

 歯垢がつきづらい
 素材の特性上、歯垢がつきにくく、落としやすいです。
 歯垢がつきにくいことで二次的な虫歯や歯周病のリスクが減ります。
 (※適切な口腔ケアをしていただくことが前提です。)

劣化・変色しづらい
 保険適用の白い素材の物にはプラスチックが入っているため経年劣化していきます。
 セラミック素材は劣化・変色しづらいので生涯費用で考えると
 保険適用の物を何回かかぶせ直しするよりも安く済む場合があります。

 金属アレルギー対応
 金属を使わない詰め物・被せ物のため金属アレルギー反応の心配がありません。
 銀歯の場合、金属イオンが溶け出し、歯や歯肉を変色させてしまう場合があります。
 また、それが金属アレルギーの原因となってしまう可能性もあります。

 型採りの違い
 自費診療のため、口腔内スキャナーで3Dデータを撮影する型採り方法が可能です。
 嘔吐反射がある方にとっては、かなり楽になるかと思います。
 嘔吐反射による型の小さなズレもないため、より正確な補綴物の作製ができます。


上記の理由から歯を長持ちさせることを目的として優れているためオススメしています



当院には歯科技工士が常駐しております
そのため技工士の目で直接、詳細な色調確認ができ、より患者様の歯にあったものをおつくりできます
さらに、外注費がかからないので、その分を患者様に還元できるような料金設定にしております

とはいえ、保険適用外のため、費用面では保険診療よりも患者様の負担が大きくはなります
ただ、医療費控除の対象となりますので、
治療を受けた方は領収書を保管しておくことをおすすめします


また、ご相談いただいた場合でも、患者様の口腔内状態によっては、
別の素材のもの(保険適用のもの・保険適用外のもの)を
推奨させていただく場合がございますので、ご了承ください。


詳しい料金についてはこちら
医療費控除についてはこちら



宮本歯科
 052-411-8054
 https://www.e-miyamoto.com/