IMG_1903


犬山市にある、結ファミリークリニックの鈴木欣宏先生が見学に来てくださいました。

鈴木先生は、犬山市で神経難病や認知症、脳卒中などに専門性を持って在宅医療に力を入れられている内科の専門医(神経学会専門医、総合内科専門医、老年医学会専門医)です。在宅医療・食支援にも力を入れており、宮本歯科の嚥下障害の方への取り組みの噂を聞いて、見学にお越し頂けたとの事。

実は鈴木先生から連絡を頂くのと同時期に、私も言語聴覚士や大学の准教授、保健所の先生などなど方々から熱い想いで在宅医療・食支援を行なっている鈴木先生とは連携を取ると良いとよく聞いておりました。そんな先生が自院での診療に使える時間を割いてわざわざ名古屋市の歯科診療の見学にお越し頂けるとのことで、貴重な時間をいかに有意義な時間にできるか、事前準備にはすごく悩まされました。

実際に見学にお越し頂き、現在宮本歯科で診療している神経疾患の方の経過がいかに素晴らしいかを再認識させられたと同時に、(通常の経過を辿れば)2〜3ヶ月で亡くなるハズの方が数年後である「イマ」も元気に口から召し上がっている奇跡を何人も何人もの患者さん相手に引き起こしてくれている当院の歯科衛生士たちの嚥下機能評価、リハビリテーション、食支援には改めて感謝させられました。

そして、患者さんへ神経疾患に真摯に向き合う鈴木先生となら、もっともっと奇跡が起きる患者さんと多く巡り合える気がします。と、言うことで、宮本歯科は犬山市に分院を出すことになりました。手厚く狭く行なっていきたいので、他の歯科医院さんで診られる方は他の医院で、まずは医療介護職からの紹介のみ対応としていく予定です。

現在、宮本歯科では訪問歯科診療の新規受け入れをストップしております。もし、当院がかかりつけ歯科医院で、全身的な病気の発症や事故等で通院が困難となってしまった場合はご相談ください。

宮本佳宏