名古屋市中村区の歯医者さん「宮本歯科」

宮本歯科は名古屋市中村区の歯医者さんです。 中村区を中心に名古屋近郊の患者さんの歯とお口の健康サポートをする歯科医院です。

急患、歯科治療のご予約はお電話TEL 052-411-8054 でご相談ください。
訪問歯科診療の問合わせもお電話で受け付けております。
歯やお口のお悩みもお気軽にご相談ください。

カテゴリ: 医院案内

73F3C872-6FAE-4BA3-8056-B878DB6B9D3E


この度、老年歯科医学会の代議員を申し仕りました。

老年歯科医学会は今年で30周年を迎え、2019年時点での会員数は4,000名を超えました。歯科医学会(38学会で合計38,417名)の中では1番大きな学会の1つ。その代表として選ばれたからにはこれまで以上に高齢者歯科診療の発展と進歩のために社会貢献していく所存です。

また、老年歯科医学会は1959年に発足された老年学会の7学会(老年医学会、老年社会科学会、老年歯科医学会、基礎老化学会、老年精神医学会、老年看護学会、ケアマネジメント学会)のうちの1つで、高齢者に対する医療・介護福祉のスペシャリストが日本全国から一同に揃う7学会合同の学術大会が2年に1度開催されます。

合同大会では歯科だけでなく、他科医療・介護福祉を併せて大多数の人が集まって新しい知識や道具を広め合うので本当にワクワクします。次の開催は来年の名古屋で予定されています。その頃には新型コロナウィルスが収束していて欲しいものです。

さて、今年から、医健の歯科衛生科の学生さんに対して高齢者歯科学についての講義を任せて頂けることになりました。ありがたいことに講義中は誰1人として眠ることなく聴いて頂けて、さらに講義の感想としては泣いた・感動したなどのコメントが多く見られたことをすごく嬉しく思います。

歯科衛生士は摂食嚥下機能の評価、機能向上のリハビリテーションにおいてすごく力を発揮します。歯科衛生士の存在価値を社会から理解して貰えるよう采配できる歯科医師がもっと増えてくれる事、またその想いに応えてくれる歯科衛生士が増えてくれる事を心から願っています。

新型コロナウィルスはまだ予断を許されない状況ではありますが、日本では当初言われていた最悪の経過とは異なり少しながら落ち着いてきております。それに伴い、当院で全員が着用していたN95マスクも着用をしなくなって参りましたが、来院される皆様への手指の消毒等には協力頂いておりますので今後ともよろしくお願いします。



相手が未知のウィルスだけに、専門家やら発言力のある方たちが一生懸命考えて発信してくれていた情報(たとえば歯科が全職種の中で1番感染リスクが高いとか)には間違いや不十分な点も多く、今更ながらそれらに対する非難の声も多く言われております。しかしながらエビデンス(医学的根拠)が無いままに仮説の段階で拡まってしまうのもまだ仕方のない事。



なんにせよ、世界でも珍しい経過で収束に向かっているのは我々日本の皆が気持ちを1つに、忍耐力のある国民性がゆえと考えております。しかしながら、耐え忍ぶがために抱えるストレスも大きくのしかかります。



皆様におかれましても、今回の新型コロナウィルスのために失ったモノがある方も多いのでは無いでしょうか。



私も担当している患者さんが入院されてもお見舞いや訪問口腔ケアに伺えないし、亡くなられてもお通夜にも伺えない事にもどかしく感じます。患者さん自身、またご家族はそれ以上に辛い想いをされていると思うと胸が痛みます。



失ったモノはもう戻らないかもしれませんが、あと少し。あとほんの少しの辛抱です。一緒に頑張りましょう。



宮本歯科における内視鏡を用いた嚥下機能評価ですが、少しずつ再開し始めました。他の歯科医院で対応が困難と言われてしまった方や当院を掛かりつけとされている方で最近お父様やお母様が食事でムセるようになってきたなどの相談も受け付けておりますので、何かありましたらご相談下さい。

もちろん内視鏡を用いずとも具体的なリハビリ方法の立案と経過チェックは行えます。




宮本佳宏

世の中では新型コロナウィルスが猛威を振るっています。

海外では専門家による医療では追いつかず研修医、それだけでは足りず医学生まで動員されている国もあります。その中で、多くの人が亡くなっております。

東京医科歯科大学病院はいち早く一般歯科外来の診療中止判断をし、私の所属する愛知学院大学歯学部附属病院も昨日、一般歯科外来を中止するため大学病院で診療している患者さんの予約を延期するよう通達が着ました。

本来であれば日本国民全員が足並みを揃えて6週間、家に篭ることができたら収束する話ですし、歯科は全職種の中で1番感染リスクの高い職であるため、宮本歯科も診療に制限をかけたいところではありますが、今のところは診療方法に制限をかける形で継続しております。

月曜日から感染対策として院内スタッフは全員N95マスクおよびゴーグルを着用をしております。物々しい雰囲気での診療を行なっていますが、ご理解ご協力のほど、宜しくお願いします。

BE3BFB81-099C-438A-B29E-2F8BF449ED43


926C3B04-E748-495C-9669-D6D47D4E1D27

皆様は、歯科診療の中にも「専門医」という制度があるのをご存知でしょうか。

もちろん歯科医師免許さえ取得すれば、一般的な歯科診療であればどなたにどんな治療を施しても問題ないわけです。

虫歯の治療もできますし、虫歯が大きければ歯の根の治療もできますし、 歯周病の治療もできます。残しておくことが難しい歯に関しては抜歯だってできます。抜いた後には入れ歯をだって作られます。見た目を気にされたり、歯磨きが難しい歯並びであれば歯科矯正をすることだってできます。通院困難になれば訪問歯科診療をすることだってできます。

ですが。。

虫歯治療にしても、根の治療にしても、歯周病治療にしても、 抜歯にしても、入れ歯にしても、矯正にしても、訪問診療にしても、突き詰めるとどの分野も本当に奥が深く、難しいものです。同じ歯科医師でもそれぞれに得意分野があるのです。

そこで、

それぞれの得意分野を明確にするために「専門医」制度があるのです。なお、同じように、歯科衛生士にも得意分野を明確にするために「認定衛生士」制度があります。 当然、「専門医」や「認定衛生士」の資格を取得している人たちはその分野の中で絶え間ない努力と勉強をしている証です。当院においても毎年のように学会発表をしているため、当院の診療内容は外部医療機関(研究機関や大学病院等)に提示しても恥ずかしくないものになっております。

現在日本では歯科医師の場合、標榜できる専門医は5学会が認める、
・歯科放射線専門医
・小児歯科専門医
・日本歯周病学会認定歯周病専門医
・口腔外科専門医
・歯科麻酔科専門医
があります。(それぞれが認めている専門医は各ホームページに掲載されておりますので、ご興味がありましたらご確認ください。)

以下は読売新聞記者の方が書かれた記事の抜粋ですが、これからの専門医に対する明るい未来について書かれていることを嬉しく思います。当院でも在籍者が多い老年歯科医学会は全身的なリスクを管理していくことに専門性を持った診療をしている医療者が多いため、より安全に有病者の歯科診療をできる仲間の存在を世に一生懸命にアピールしてくださっておりましたが、とうとう「総合歯科専門医」と言う形で日の目を見ることができたようです。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(以下)

虫歯、入れ歯、病気や障害のある高齢者を診る専門医も

 現在までのところ、日本歯科専門医機構が専門医認証することを決めているのは、このほかに「歯科保存専門医」(虫歯など)、「補綴歯科専門医」(入れ歯など)、病気や障害のある高齢者にも対応する「総合歯科専門医」です。

 「歯科保存」は、文字通り歯を残すことを主眼にし、虫歯の修復や根の治療、歯周病まで含めた分野。「補綴歯科」はクラウンなどの かぶせ物や入れ歯などを専門にしています。いずれも一般にはイメージしづらい名称ですが、歯科の世界では歴史のある主要分野ということで、新しい専門医として歯科保存と補綴歯科の名称を残したそうです。

 「総合歯科専門医」は、高齢化時代を見据えて、身体の病気や障害がある患者でも対応できる歯科医を認証していくそうです。老年歯科や障害者歯科、有病者歯科といった専門学会の知見を生かしてカリキュラムを整理しています。

食べる機能のリハビリに取り組む歯科診療所もある

歯科の専門医について、患者として思うのは、国民に向けて歯科医選びの指標になる専門医を作るというのであれば、わかりやすさが大切。ずばり「入れ歯専門医」とか、「根の治療の専門医」とか明確にするのもひとつの考えかと思います。また、高齢化時代を考えると、摂食嚥下のリハビリも含めた高齢者の食支援について専門知識や経験日本歯科専門医機構は、患者の目線を強く意識して専門医を作ろうとしています。国民が使いやすく、ニーズに合った専門医制度が育っていくよう期待したいと思います。

 (渡辺勝敏 読売新聞記者) 

(以上)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


老年歯科や摂食嚥下リハビリテーション、審美歯科...それぞれの専門性を持って活躍されている歯科衛生士もいっぱいいます。「認定衛生士」も標榜が認められるようになるよう、宮本歯科も微力ながら世に働きかけていきます!

また、最近では外来診療でも嚥下機能に関わる相談や評価の依頼が出てきたことを嬉しく思います。当院には摂食嚥下リハビリテーション学会認定資格を持った歯科衛生士や、認定に向けて研鑽中の歯科衛生士が多数在籍しておりますので、何かお困りのことがありましたら担当歯科衛生士にご相談ください。併せて認定資格を取得したいという歯科衛生士の方の就職相談も承っておりますので、お問い合わせください。

訪問歯科診療依頼は現在、新規受付を止めております。大変ご迷惑をお掛けしておりますが、何卒ご了承くださいませ。当院がかかりつけ歯科診療所となっている場合には一度ご相談ください。

 



 のリハビリも含めた高食支援について専門知識や経験がある「食支援専門歯科医」の看板があると助かる人も多いのではないでしょうか。75歳以上の後期高齢者になると、食が細り体重が減っていくのは要介護への最大の危険信号と言われます。高齢の家族が痩せてしまった時の相談先になりますね。

 日本歯科専門医機構は、患者の目線を強く意識して専門医を作ろうとしています。国民が使いやすく、ニーズに合った専門医制度が育っていくよう期待したいと思います。

老年歯科医学会の専門医をようやく取得しました。

D595B16A-CDE8-45F5-9C2B-ABDABB50C872


口腔・全身機能の改善には多職種連携がそれぞれの専門性を生かした介入が基本となりますが、現実は多くの職種が一人の患者さんのために集まるのは難しいもの。そのため、実際の医療介護現場ではそれぞれの職種が自身の職種の垣根を越えた介入をする超職種連携が必要になります。看護師、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士...多くの職種から適切な知識の供給のある歯科衛生士が口腔ケア・リハビリテーションの介入を行うことで嚥下関連の機能は劇的に改善することがあります。

宮本歯科の歯科衛生士は多くの現場で多くの仲間に支えられて、多くの知識とノウハウを身につけているのが自慢です。そんな自慢の仲間とともに、これからも宮本歯科は医学の発展にさらなる貢献をしていきます。

宮本佳宏 

↑このページのトップヘ