今日は勉強会で大阪まで新幹線に揺られている宮本佳宏です。

私についてはスタッフ紹介のページに写真付きで載っているものの、宮本歯科では見た事ないぞとか。急患で来てみたら、一度だけ対応してもらった(レア)とか。なかなかこのブログを読んで下さっているであろう皆さまとお会いする機会はありませんので。

そこで、私が普段どのような想いで歯科医師をしているのか、今日は交通時間の許す限り徒然なるままに、私の歯科医療に対する想いを綴っていきたいと思います。

そもそも読んでくださっている人がいるのかは分からないくらいだからこそ書けるのですが。

私は子供が大好きです。それこそ、学生時代には小児歯科学を専攻しようか迷ったくらいに。しかしながら、実際に専攻したのは歯科口腔外科学や歯科補綴学、高齢者歯科学。

高齢者歯科の世界に足を踏み込んだのは、最初の職場(総合病院の歯科口腔外科)では、人生の最期まで関わる機会が多かった事がきっかけ。初期対応としての緊急コールで誰よりも先に呼んで貰えた(どれだけ深夜のコールであっても5分で到着できる)事から、死亡診断書の記載はもちろん、手を握りながら亡くなる直前の会話を交わすこともありました。

世の中の歯科診療所では一般的に、休日や深夜の緊急対応は受け入れておりません。それは、採算が労力に対して割に合わないからです。確かに、医療とはいえ、経営が破綻してしまっては元も子もありませんから当然かもしれません。

とはいえ、人生の最期に際してまで歯科にわざわざ声を掛けて頂けるなんてプライスレスなのに、採算性なんていちいち考えているなんて勿体無いと考えています。だからといって、赤字になる行為を他の職場でやらせて頂くわけにもいかないので。そのため、父の開業した宮本歯科での高齢者歯科診療では、たとえ赤字になったとしても人生の最期まで寄り添い、お口の健康管理をしていきたいと考え行っております。

すごく労力がかかる話なので、なかなかやりたがる仲間が増えない現実もありますが、少なくとも賛同してくれる仲間がいるのも事実。患者さんの家族が居宅で窒息しかかっている時に、どこより先立って当院の歯科衛生士に直接連絡をよこして助けを求めてくれた人がいるのは誇りです。ただ、そこまで信用してくれているのは嬉しいですが、命に関わる危機的状況では先に救急車を呼んで下さいね。

世の中には歯科医院は多くあれど、人生の本当の最期まで寄り添うところはどこにも見当たらないので。自分と同じ想いで活動する歯科医師・歯科衛生士を輩出したい。歯科の持つ可能性をもっと世の中に認めてもらいたい。

そんな想いから、宮本歯科での経験を大学で学生や研修医に対して講義・啓蒙活動を続けることで、少しでも同じ想いの仲間を全国に増やしたいと考えて週に3日、大学での仕事もしております。

改めて書きますが、私は子供は大好きです。大事なお子様の口腔管理を任せて頂けるとあれば、一肌脱ぎます。でも、私はその子よりも早く老いるため、恐らくその子の人生の最期まで歯科医師として付き添い遂げる事はできないでしょう。人生の最期まで寄り添い遂げる事ができる、それが私が高齢者歯科診療に力を入れるが所以です。

少しでも、患者さんの最期まで責任を持った歯科診療をする歯科医師・歯科衛生士が世の中に増えますように。

最近、お問い合わせが増えてきておりますが、現在、宮本歯科では訪問歯科診療の受け入れはストップしております。

しかしながら、長らく当院の外来に通われており、当院がかかりつけ歯科診療所となっている方が通院困難になった場合についてはご相談下さい。