B529680B-471B-4C38-9B0F-A756D3958D61


今日は今年から講義をしに行かせて頂くことになった医健さんの歯科衛生科2年生(担当生徒たち)の研究発表を聴きに行きました。

歯科衛生科からは4演題エントリーしており、指導教官によって研究内容のカラーはありますが、どれもこれもすごく洗練されておりました。学会発表や論文執筆の足掛かりとなる発表会みたいですが、学生さんに質問を投げかけてもちゃんと応答することができ、とても20歳とは思えない完成具合に感動しました。

まだできて4年の学校ではありますが、学生時代からこんな教育が受けられていると世に台頭する歯科衛生士を多く輩出する学校になるのではないかと思わされました。




そのあと、宮本歯科でも勉強会がありました。

主任歯科衛生士の山下先生からは患者さんごとの歯ブラシの選択についての発表がありました。一昨日、これまた医健の歯科衛生科の学科長先生と話していて、自分の歯ブラシについての知識の無さに恥ずかしさを覚えたところです。やはり歯科医師は歯ブラシについて弱い...というか歯科衛生士は口腔衛生管理に関わる知識が凄まじくあることを再認識させられました。

ふむふむと話を聞き入っていたら写真を撮り忘れてしまいました...

また、先日ACLSの資格更新をした主任歯科衛生士の近藤先生からは一次救命についての発表がありました。

D5D8F303-8E3C-409C-BE09-3ED31DFE2D09


実は、2月1週目の土日は歯科医師国家試験だったのですが、そこでは救命処置や心電図に関わる問題も何題か出題されておりました。

781BE575-7CAF-4D4B-BD9B-B16E89C79685


果たして世の中の歯科医師で心電図を読める人がどれくらいいるのかは分かりませんが、今の世の中では心電図が読めることが歯科医師にも求められているという事でしょう。

当院では、歯科衛生士が心電図の知識を発信してくれているという意味でも救命処置に力を入れており、院内対応はもちろん、院外対応まで視野に入れた情報共有もしております。

救える命が少しでも多く救われますように。


宮本佳宏