こんにちは


タイトルの通り、ご存じの方も多くみえるかと思いますが、来る6月4日~6月10日は
歯と口の健康週間です

歯と口の健康習慣


以前ご紹介いたしました「よいはの日」や「8020運動」もそうですが、お口の健康管理を見直す良い機会です
歯医者さんから足が遠のいておられる方も、お口の健康で気になることがおありでしたら、この機会にぜひ歯医者さんに相談してみませんか
定期的に歯科検診を受け、ご自身のお口の健康を守っていきましょうね


ところで以前、私ども宮本歯科で行われる定期検診のお口のお掃除内容をご紹介しましたが、お読みいただきましたでしょうか
よいはの日や8020運動をご紹介した記事でもお伝えしたとおり、歯の健康を維持することは全身の健康を守ることに繋がり、結果的にはご自身の人生の満足度を大きく左右することになるとも考えられます

では、どうしたら歯の健康を維持することができるのでしょうか
・・・繰り返しお伝えしております通り、ご自身によるお口のケアと定期検診を受けることです

今回は、そんな定期検診について、何度もお伝えしている健康についてのメリットではなく、視点を変えて費用についてを考えていきたいと思います

貯金箱

まず、ご存じの方もみえるかと思いますが、日本の健康保険というのは「治療のための制度」なので、本来であれば予防目的の歯科検診には適用されません
ただし、何らかの自覚症状がある場合や病気の疑いがある場合、もしくは検診結果で実際に虫歯や歯周病が見つかると保険適用となります
成人であればたいていは歯周病にかかってしまっているので、現実的には保険適用となる場合が多いと言えるでしょう

宮本歯科で定期検診を受けられる方の費用といたしましては、当日の処置内容(レントゲン撮影の有無やお口のお掃除など当日何か治療等をするかどうか)によって変動しますが、保険適用内の3割負担の方で初診料を含めおおよそ3000円~4000円程度となることが多いです
お時間といたしましては、当院では定期健診の際に歯石取りも行う場合がほとんどですので、30分~1時間程度で処置しております

患者様個々のお口の状態にもよりますが、3か月~半年に一度は定期検診をご案内しておりますので、推奨通りの期間に保険適用内の検診をした場合、定期健診だけで年間おおよそ6000円~16000円程度かかってくるのがお分かりになるかと思います

この金額だけ聞くと、自覚症状の出ていないうちには、なんだか歯医者さんに行くのが気の進まない方もみえますよね

では、定期的な検診は受けず、歯や歯茎が痛み出してから歯医者に行った場合、どのくらい費用がかかるのでしょうか

虫歯などの本数や病気の進行度合いにもよりますが、保険適用内の範囲で治療を済ませた場合は、一か所の治療費はおおよそ合計で2000円~15000円程度となる場合が多いでしょう
(複数個所の虫歯治療や重症の虫歯治療、重度の歯周病治療などですと、上記以上に費用も治療期間もかかるとお考え下さい
さらに、できる限り見た目を損なわずに治療したいとお考えですと、保険適用外の自由診療(自費診療)となるので、歯医者さんによって金額は異なりますが、結果的に費用はさらにかさんでしまうことはまず間違いないでしょう

軽度の虫歯の段階ですぐに治療すれば治療期間も短く、費用も安く済むこともありますが、すでに進行した虫歯ですと、治療期間も長くなり必然的に費用も上がってしまうのです

こうして考えると、定期検診を受けたほうが、一見費用がかかるように感じられますけれど、通院による時間的拘束や治療にかかる費用の総額は、定期検診を受けるほうがずっと負担が低くなる場合が多いのではないでしょうか

なんとなく冷たいものや熱いものがしみる、朝起きた時の口臭が気になる、毎日の歯磨きで出血がある、物を噛むときに違和感がある・・・など、特に気になる症状がある場合は特に、速やかに受診することをおすすめします

早期発見・治療をすることで治療期間も費用も抑えられますし、定期的な検診で歯科医師・衛生士から指導を受け、正しいセルフケアが身につくと、虫歯や歯周病の予防にもつながっていくことでしょう

綺麗な歯


当院は予約制で診療しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね

名古屋市中村区にある歯医者さん
医療法人 一栄会 宮本歯科
患者様専用電話 052-411-8054
予約はしていないけれど、歯が痛い⇒急患対応できますので迷わずお電話下さい
うっかり忘れを防止予約確認メールのご登録方法はこちらの記事にてご確認ください