こんにちは

歯 梅雨 キャラ


雨の日が増え、いよいよ梅雨入りしましたね
じめじめとした天気になんだか気持ちも滅入ってしまいます・・・

梅雨は心に対する影響だけでなく、体調を崩される方も多いと聞きますので、皆様くれぐれもご自愛くださいね


ところで皆様、タイトルの通りですが・・・外出が億劫になるこんな梅雨の時期に限って、歯に痛みを感じた事は、ありませんか

実はこの痛みの原因の多くは、気圧による影響のようです
そして、痛みの出る歯は、虫歯など問題がある歯に多いようなのです

まず、気圧の影響についてお話します
皆様、飛行機に乗ったときや、標高の高い山へ登山した時などに歯が痛くなった経験はございませんか

以前テレビ番組で、タレントさんが世界最高峰の山へ登山に挑戦する番組があったのですが、途中でそのタレントさんの歯に急な激痛が・・・というシーンがありました
結果その番組ではヘリコプターをチャーターし歯医者さんで抜歯をした後、また戻って登山を再開したというものでした
(タレントさん・製作スタッフさんのプロ根性、すごいですね・・・

このように、通常はひどい痛みが出ていない虫歯でも、気圧の低下により激しく痛むことがあります

ではなぜ気圧の変化により歯が痛むのでしょうか

気圧の変化でよく聞く話が、標高の高い山に登山した時、お菓子などの袋がパンパンになるなどということがありますね


実は歯の中でもこれと同じようなことが起きているのです

こちら歯のイメージです

歯の断面


歯のエナメル質(一番外側の硬い部分です)の内部には「歯髄腔(しずいくう)」という神経が入っている空洞があり、歯髄腔は普段外の気圧と等しくなっています




しかし、短時間の間に外の気圧が下がると、気圧の変化に対応しきれず、低下した外の気圧との差で内側から圧がかかり一時的に痛みが出る事があるのです

そして冒頭で述べたように、実はこの時激しく歯が痛む場合は、虫歯であることがほとんどなのです・・・


これらは「気圧性歯痛」や「航空性歯痛」といいます

特徴は、健康な歯髄や適切に治療された歯には起きにくく、気圧高度が8000~10000フィート(2500~3000メートル)付近で起きやすく、慢性の炎症などがあると急性化することがあるなどが挙げられます

登山や飛行機のほかにも、スキューバダイビングや台風などの気圧の変化でも痛みが出る可能性があります
今回ブログで取り上げた梅雨の時期に歯が痛む原因も、梅雨の低気圧が関係している事も考えられるのです

実際に痛みを感じたら、虫歯になっているかもしれない可能性がありますので、早めの受診をおすすめします

痛い思いをしたくない方は・・・やはり普段からの、虫歯・歯周病予防などの心掛けが大切ですよ

当院は予約制で診療しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね


次回は、今までとは少し違ったかたちでブログ更新を予定しております
キーワードは『ホワイトニングコーディネーター』です
お楽しみに


名古屋市中村区にある歯医者さん
医療法人 一栄会 宮本歯科
患者様専用電話 052-411-8054
予約はしていないけれど、歯が痛い⇒急患対応できますので迷わずお電話下さい
うっかり忘れを防止予約確認メールのご登録方法はこちらの記事にてご確認ください