先日、政府が全国民の歯科検診を義務化する「国民皆歯科検診」を
検討する方針とニュースになりました

現在、歯科検診の義務化がされているのは、1歳半と3歳の乳幼児、
就学時や小中高生の学校健診、歯に有害なガスを業務で扱う人などと限られています
そして、義務化の対象とならない国民の歯科検診の受診率は低いと言われています


歯を多く残すには、虫歯や歯周病などの早期発見と治療が重要になります

歯が悪くなってからの治療の場合、口腔内細菌が増殖していることが多く、
治療の効果が口腔内細菌が少ない方よりも出づらくなるのと、
治療が複雑になる可能性が高くなるので、通院回数が増えてしまいます

また、虫歯が進行していると必然的に削る部分が多くなり、
それを補うために大きな被せ物や詰め物が必要になりますので、費用がかさみます
さらに、虫歯や歯周病が進行し痛みが強くなっていると麻酔が効き辛くなり、
治療に痛みを伴う可能性があがってしまいます

なんだか悪いイメージばかりですよね

でも、定期的に歯科検診をしていれば、虫歯や歯周病の早期発見が可能になるため、
治療が比較的簡単なものでおわる可能性が上がります
そして削る範囲も少なく済む可能性が高いので、治療費を抑えることができます

ただし、ご自宅での基本的なケアをしていただくことも、もちろん必要です

その他にも、歯周病は多くの生活習慣病ともかかわりがあるため
予防することで、他の病気にかかるリスクもさがるのではと言われています


本当に歯科検診が全国民に義務化されるのかはまだ分かりませんが、
歯が生涯において大事であることは間違いがないので
しっかりと定期検診を受けて、プロケアとセルフケアをしていきましょう


宮本歯科
 052-411-8054
 https://www.e-miyamoto.com/