近年、自然災害が増えているばかりか、災害規模も増しているように感じます。
それに伴い、防災の知識や備えを意識している方が増えているのかなと思います。
今回は災害時の歯磨きの重要性についてお伝えしますので、災害対策の参考にしてみてください。


避難所生活や水不足の時の歯磨きはどのように行うとよいのでしょうか?

お水が十分にあり、通常通りの歯磨きができるのであれば、
いつも通りにおこなっていただくことが1番いいのですが、なかなか難しい状況も想定されます。

食べ物、飲み物、空気などはお口を通って身体の中に入ります。
歯磨きを怠ってしまうと、口腔内から菌が入り、身体にまで影響を及ぼしかねません。

そのため、下記のように口腔内をケアしましょう

無題


画像引用:サンスター


ウェットティッシュやガーゼでふき取るなどは、特別な技術も必要なく簡単にできそうですよね

防災グッズの中に「歯ブラシ」「液体はみがき」「洗口液」「ガーゼ」などを入れておきましょう

最近はドラックストアや100均で1回分に小分けされている洗口液や歯磨きシートが販売されているため、
そちらを活用して頂くのもいいかと思います


この知識を活用する日が来ない事を願ってはおりますが、備えあれば憂いなしです

「準備しておけばよかった」と後悔する日よりも
「必要なかったね」の会話ができる日の方がいいですよね

「いつかやろう」では無く、ぜひ、今から準備や確認を始めてみてください



宮本歯科
 052-411-8054
 https://www.e-miyamoto.com/