名古屋市中村区の歯医者さん「宮本歯科」

宮本歯科は名古屋市中村区の歯医者さんです。 中村区を中心に名古屋近郊の患者さんの歯とお口の健康サポートをする歯科医院です。

急患、歯科治療のご予約はお電話TEL 052-411-8054 でご相談ください。
訪問歯科診療の問合わせもお電話で受け付けております。
歯やお口のお悩みもお気軽にご相談ください。

カテゴリ:歯科情報 > 訪問歯科診療

IMG_1903


犬山市にある、結ファミリークリニックの鈴木欣宏先生が見学に来てくださいました。

鈴木先生は、犬山市で神経難病や認知症、脳卒中などに専門性を持って在宅医療に力を入れられている内科の専門医(神経学会専門医、総合内科専門医、老年医学会専門医)です。在宅医療・食支援にも力を入れており、宮本歯科の嚥下障害の方への取り組みの噂を聞いて、見学にお越し頂けたとの事。

実は鈴木先生から連絡を頂くのと同時期に、私も言語聴覚士や大学の准教授、保健所の先生などなど方々から熱い想いで在宅医療・食支援を行なっている鈴木先生とは連携を取ると良いとよく聞いておりました。そんな先生が自院での診療に使える時間を割いてわざわざ名古屋市の歯科診療の見学にお越し頂けるとのことで、貴重な時間をいかに有意義な時間にできるか、事前準備にはすごく悩まされました。

実際に見学にお越し頂き、現在宮本歯科で診療している神経疾患の方の経過がいかに素晴らしいかを再認識させられたと同時に、(通常の経過を辿れば)2〜3ヶ月で亡くなるハズの方が数年後である「イマ」も元気に口から召し上がっている奇跡を何人も何人もの患者さん相手に引き起こしてくれている当院の歯科衛生士たちの嚥下機能評価、リハビリテーション、食支援には改めて感謝させられました。

そして、患者さんへ神経疾患に真摯に向き合う鈴木先生となら、もっともっと奇跡が起きる患者さんと多く巡り合える気がします。と、言うことで、宮本歯科は犬山市に分院を出すことになりました。手厚く狭く行なっていきたいので、他の歯科医院さんで診られる方は他の医院で、まずは医療介護職からの紹介のみ対応としていく予定です。

現在、宮本歯科では訪問歯科診療の新規受け入れをストップしております。もし、当院がかかりつけ歯科医院で、全身的な病気の発症や事故等で通院が困難となってしまった場合はご相談ください。

宮本佳宏 

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

定期的な機能評価と多職種によるリハビリテーションを行なってきた患者さんから、歯科衛生士としてながく担当してきた高坂先生へ、感謝のお手紙を頂きました。

E5ABD820-6414-4DE3-A412-79362A78F4E9


心のこもったお手紙があまりに嬉しくて、高坂先生も
私も感動して涙が溢れました。これだから在宅医療は辞められません。

現在は訪問診療の受け入れができない状況で多くの施設さまやケアマネジャーさまにはご迷惑をお掛け致しておりますが、これまで長く宮本歯科がかかりつけ歯科で、通院が困難となってしまった方は一度ご相談下さい。


宮本佳宏

老年歯科医学会の専門医をようやく取得しました。

D595B16A-CDE8-45F5-9C2B-ABDABB50C872


口腔・全身機能の改善には多職種連携がそれぞれの専門性を生かした介入が基本となりますが、現実は多くの職種が一人の患者さんのために集まるのは難しいもの。そのため、実際の医療介護現場ではそれぞれの職種が自身の職種の垣根を越えた介入をする超職種連携が必要になります。看護師、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士...多くの職種から適切な知識の供給のある歯科衛生士が口腔ケア・リハビリテーションの介入を行うことで嚥下関連の機能は劇的に改善することがあります。

宮本歯科の歯科衛生士は多くの現場で多くの仲間に支えられて、多くの知識とノウハウを身につけているのが自慢です。そんな自慢の仲間とともに、これからも宮本歯科は医学の発展にさらなる貢献をしていきます。

宮本佳宏 


今日は勉強会で大阪まで新幹線に揺られている宮本佳宏です。

私についてはスタッフ紹介のページに写真付きで載っているものの、宮本歯科では見た事ないぞとか。急患で来てみたら、一度だけ対応してもらった(レア)とか。なかなかこのブログを読んで下さっているであろう皆さまとお会いする機会はありませんので。

そこで、私が普段どのような想いで歯科医師をしているのか、今日は交通時間の許す限り徒然なるままに、私の歯科医療に対する想いを綴っていきたいと思います。

そもそも読んでくださっている人がいるのかは分からないくらいだからこそ書けるのですが。

私は子供が大好きです。それこそ、学生時代には小児歯科学を専攻しようか迷ったくらいに。しかしながら、実際に専攻したのは歯科口腔外科学や歯科補綴学、高齢者歯科学。

高齢者歯科の世界に足を踏み込んだのは、最初の職場(総合病院の歯科口腔外科)では、人生の最期まで関わる機会が多かった事がきっかけ。初期対応としての緊急コールで誰よりも先に呼んで貰えた(どれだけ深夜のコールであっても5分で到着できる)事から、死亡診断書の記載はもちろん、手を握りながら亡くなる直前の会話を交わすこともありました。

世の中の歯科診療所では一般的に、休日や深夜の緊急対応は受け入れておりません。それは、採算が労力に対して割に合わないからです。確かに、医療とはいえ、経営が破綻してしまっては元も子もありませんから当然かもしれません。

とはいえ、人生の最期に際してまで歯科にわざわざ声を掛けて頂けるなんてプライスレスなのに、採算性なんていちいち考えているなんて勿体無いと考えています。だからといって、赤字になる行為を他の職場でやらせて頂くわけにもいかないので。そのため、父の開業した宮本歯科での高齢者歯科診療では、たとえ赤字になったとしても人生の最期まで寄り添い、お口の健康管理をしていきたいと考え行っております。

すごく労力がかかる話なので、なかなかやりたがる仲間が増えない現実もありますが、少なくとも賛同してくれる仲間がいるのも事実。患者さんの家族が居宅で窒息しかかっている時に、どこより先立って当院の歯科衛生士に直接連絡をよこして助けを求めてくれた人がいるのは誇りです。ただ、そこまで信用してくれているのは嬉しいですが、命に関わる危機的状況では先に救急車を呼んで下さいね。

世の中には歯科医院は多くあれど、人生の本当の最期まで寄り添うところはどこにも見当たらないので。自分と同じ想いで活動する歯科医師・歯科衛生士を輩出したい。歯科の持つ可能性をもっと世の中に認めてもらいたい。

そんな想いから、宮本歯科での経験を大学で学生や研修医に対して講義・啓蒙活動を続けることで、少しでも同じ想いの仲間を全国に増やしたいと考えて週に3日、大学での仕事もしております。

改めて書きますが、私は子供は大好きです。大事なお子様の口腔管理を任せて頂けるとあれば、一肌脱ぎます。でも、私はその子よりも早く老いるため、恐らくその子の人生の最期まで歯科医師として付き添い遂げる事はできないでしょう。人生の最期まで寄り添い遂げる事ができる、それが私が高齢者歯科診療に力を入れるが所以です。

少しでも、患者さんの最期まで責任を持った歯科診療をする歯科医師・歯科衛生士が世の中に増えますように。

最近、お問い合わせが増えてきておりますが、現在、宮本歯科では訪問歯科診療の受け入れはストップしております。

しかしながら、長らく当院の外来に通われており、当院がかかりつけ歯科診療所となっている方が通院困難になった場合についてはご相談下さい。

特別養護老人ホームで講習会を行いました。



B0C0A0BA-0D40-4A7B-9C4D-BDF1A82ABD1B



内容は「摂食嚥下機能」についてで、登壇させて頂いたのは主任歯科衛生士の近藤先生。


354A280E-A14B-4026-9FCE-15A4FD27EFEE


既製のトロミ飲料を用いた嚥下困難体験も行いました。


当院は食事が上手く摂られなくなった方へのアプローチにも力を入れており、なかでも歯科衛生士による、機能評価・リハビリテーションで機能向上したり、多職種協働・食事支援を行うことで栄養状態が向上しております。


しかしながら、有り難い口コミにより居宅介護支援事業者からだけではなく他病院や他歯科医院、訪問看護ステーション等からも多くのご紹介を頂いておりまして、全ての診療は受け入れ対応困難な状況となっております。


摂食嚥下障害に関する電話相談やアドバイスに関しては当院歯科医師または歯科衛生士にて対応させて頂きますので、お困りの事がありましたらご相談下さい。


宮本佳宏

↑このページのトップヘ