名古屋市中村区の歯医者さん「宮本歯科」

宮本歯科は名古屋市中村区の歯医者さんです。 中村区を中心に名古屋近郊の患者さんの歯とお口の健康サポートをする歯科医院です。

急患、歯科治療のご予約はお電話TEL 052-411-8054 でご相談ください。
訪問歯科診療の問合わせもお電話で受け付けております。
歯やお口のお悩みもお気軽にご相談ください。

カテゴリ:歯科情報 > 訪問歯科診療

B6D15717-60FF-4931-A820-DA72CF0829CF


新道ケアコミュニティそよ風様から口腔ケアの重要性と方法についての講演会の依頼を頂きまして、主任歯科衛生士の近藤先生が登壇させて頂きました。

今回はいつもやっているような看護・介護向けではなく、デイサービスの利用者様が対象(実は医院としては初めての試み)だったため、当初は喜んで頂けるかすごく不安でしたが、施設長を始めとしてご参加頂いた皆様がすごく温かくて、近藤主任自身が楽しんでおりました。

今回はお元気な利用者様が多く参加して頂けた会だったため、セルフケアが話の中心となりましたが、看護・介護・ご家族による口腔ケアを始めてから全身状態も改善して胃瘻の方の経口摂取が再開する事もありますので、口腔ケアって意外と重要だったりします。もちろん、肺炎予防には欠かせません。

こういう会などの啓蒙活動を通して、肺炎で苦しむ方が少しでも減ってくれたら嬉しいですし、何より新道ケアコミュニティそよ風様のように、利用者様の健康のために寄り添うだけでなく、どうしたら利用者様がより健康になるかまでを考えてくれている施設が世の中の当たり前になってくれると嬉しいです。

宮本佳宏

A120A21A-5271-40C4-9268-C36C78BA7A8E


近年のマスメディアでも、いかに最期まで口から食べていくか、摂食嚥下障害にどう向き合っていくか、特集される事が増えてきました。

当院でも、口から無理なく美味しく食べて頂くためにはどうしたら良いかを常に考え、ご本人様はもちろん、ご家族や他職種ともコミュニケーションを図りながら日々対応させて頂いています。

やはり、内視鏡検査を使った嚥下機能評価の依頼も増えてきておりますが、結局のところ内視鏡検査を始めとした精密検査は「その瞬間」の機能評価には優れておりますが、日常の状態を完全に再現しているとは言えません。

そこで、当院ではまずは歯科衛生士が中心となって普段の食事を摂ってる様子を実際に拝見させていただき、日常的な嚥下機能を評価させて頂いております。その評価だけでも、嚥下困難の原因を明らかにしたり、取るべき対処法を決めたりされる事は多くあります。

本日はその具体的な方法についての勉強会を歯科衛生士の伊藤先生が講師となって、院内の勉強会を開いてくれました。

昨年の12月17日のMr.サンデーで、藤田保健衛生大の松尾教授が出演され、19日には「摂食嚥下障害の現場を見ている人が番組を見ればそんなのどこでもやっていると思うし、見たことがない人が番組を見ればすごいことをやっていると思うかもしれない」と追加コメントを残しております。

まだまだ歯科で他職種と連携と取りながら嚥下機能評価をする事は物珍しく取り上げられるご時世なのかなと思い知らされましたが、チームの輪の中に歯科衛生士を呼び入れて頂いたり、歯科衛生士に嚥下機能評価を依頼をして頂ける施設や在宅がある事をすごく嬉しく思います。

これからもご期待に添えるよう、医院全体で精進していきますので、宜しくお願い致します。

宮本佳宏

6BFD5696-EB12-4833-BAB1-245DA9CCED24


今回の多職種連携会は鍼灸師の中山先生による東洋医学についての講習会でした。

一般的に歯科医院は西洋医学による対応のみなので、東洋医学からみた歯科診療の手法の一部を紹介して頂けることはすごく興味深いことでした。

先日のMr.サンデーで取り上げられた摂食嚥下障害に対するリハビリテーションでも歯科がひとりひとりの方の診療を行うにあたり多くの専門職と連携を取られておりました。中でも、内科や看護、リハはよく知られていますが、現場では東洋医療従事者とも関わる機会は多くあります。

こういった会を通して、お互いが顔の見える関係となって、よりよい連携が果たせるように継続していきます。

1A0E4447-1AD1-4880-AB9F-1721C1BB457B


今日は朝から夕方まで勉強会のハシゴをしました。

今日の講師のうち、菊谷先生や菅先生のお話は何度も拝聴させて頂いておりますが、菊谷先生のお話はエビデンスに溢れて何度聴いても引き込まれ納得させられるし、菅先生のお話は臨床的で何度聴いてもボロボロ涙が溢れます。

私自身も愛知学院大学の教員として学生さんや研修医に授業をしたり、施設の介護職員さまを対象に講習会をさせて頂く機会が多くあるのですが、自分もここまで人の心を動かし胸を熱くできる講義ができるよう精進して参ります。

そして、熱くなった胸をそのままに、明日からの診療に活かしていきたいと思います。

宮本佳宏

6BC272F4-792B-412F-B9DA-AE9980A36FDA


健康でピンピンしていて、ある日に突然コロリと逝く方は10人に1人くらいと言われています。

つまり、現在、元気に宮本歯科の外来に通院されている方のほとんどはいつかは通院困難な不健康寿命に悩むことになります。それは男性で8年、女性で12年とも言われています。

今月の院内勉強会は主任歯科衛生士の近藤先生で、内容は「訪問歯科診療の実際」というタイトルでした。

今はピンピンと外来通院されていても、いずれは訪ずれる通院困難状態。それが8〜12年も続くわけです。その間の生活の質をいかに高め、満足して最期を迎えて頂けるか。そして、最期を迎えた後にもいかに家族に寄り添っていけるか。近藤先生の経験も含めて、すごく内容が濃く、涙が溢れるお話を頂けました。

当院では歯科衛生士による摂食嚥下(飲み込み)障害のある方の評価や食事形態の相談・支援、リハビリテーションも行っております。最期に食べさせてあげたいモノがある‥など、悩まれている方が御座いましたら是非一度ご相談下さい。

宮本佳宏

↑このページのトップヘ