597B7E34-A23D-4E1F-B297-453AA5100281

歯医者に数ヶ月に一度通っても虫歯が無くならないという方はいませんか。

虫歯の原因は歯に付着した細菌です。

夜に完璧に近い歯磨きをしても細菌を完全なゼロには出来ないので、朝起きたら口の中ではまた細菌が増殖しています。なので、実は虫歯は日常的に起きているのです。虫歯になった事がないという人は、表面だけのすごく軽微な虫歯のときに、唾液の力で自然治癒(再石灰化)しているのです。

もちろん、ツルツルピカピカの歯の方が細菌を効率良く除去できるので、歯医者で治療として行うのは、歯石を除去したり、虫歯を詰めたり、いわゆる歯磨きをしやすいツルツルピカピカの歯にすることによる虫歯ができにくい口腔内環境作り。

そこで、虫歯予防を語る上で外す事ができない、生活習慣。

虫歯の原因となる細菌は砂糖が大好き。
砂糖を食べて元気になって、さらに虫歯を作ります。
砂糖ではない代用甘味料としてキシリトールが有名ですが、歯医者さんでキシリトールの正しい知識を語れる人は意外と少なかったり。

今月の院内勉強会は歯科衛生士の原先生による、キシリトールのお話。

海外の文献などの堅苦しい知識をクイズ形式や体験実習に変換しながら、キシリトールについての知識を楽しく共有させてもらいました。

もしキシリトールの効果に興味がある人は宮本歯科のスタッフに 聞いて下さいね。
宮本佳宏