新型コロナウィルスはまだ予断を許されない状況ではありますが、日本では当初言われていた最悪の経過とは異なり少しながら落ち着いてきております。それに伴い、当院で全員が着用していたN95マスクも着用をしなくなって参りましたが、来院される皆様への手指の消毒等には協力頂いておりますので今後ともよろしくお願いします。



相手が未知のウィルスだけに、専門家やら発言力のある方たちが一生懸命考えて発信してくれていた情報(たとえば歯科が全職種の中で1番感染リスクが高いとか)には間違いや不十分な点も多く、今更ながらそれらに対する非難の声も多く言われております。しかしながらエビデンス(医学的根拠)が無いままに仮説の段階で拡まってしまうのもまだ仕方のない事。



なんにせよ、世界でも珍しい経過で収束に向かっているのは我々日本の皆が気持ちを1つに、忍耐力のある国民性がゆえと考えております。しかしながら、耐え忍ぶがために抱えるストレスも大きくのしかかります。



皆様におかれましても、今回の新型コロナウィルスのために失ったモノがある方も多いのでは無いでしょうか。



私も担当している患者さんが入院されてもお見舞いや訪問口腔ケアに伺えないし、亡くなられてもお通夜にも伺えない事にもどかしく感じます。患者さん自身、またご家族はそれ以上に辛い想いをされていると思うと胸が痛みます。



失ったモノはもう戻らないかもしれませんが、あと少し。あとほんの少しの辛抱です。一緒に頑張りましょう。



宮本歯科における内視鏡を用いた嚥下機能評価ですが、少しずつ再開し始めました。他の歯科医院で対応が困難と言われてしまった方や当院を掛かりつけとされている方で最近お父様やお母様が食事でムセるようになってきたなどの相談も受け付けておりますので、何かありましたらご相談下さい。

もちろん内視鏡を用いずとも具体的なリハビリ方法の立案と経過チェックは行えます。




宮本佳宏