名古屋市中村区の歯医者さん「宮本歯科」

宮本歯科は名古屋市中村区の歯医者さんです。 中村区を中心に名古屋近郊の患者さんの歯とお口の健康サポートをする歯科医院です。

急患、歯科治療のご予約はお電話TEL 052-411-8054 でご相談ください。
訪問歯科診療の問合わせもお電話で受け付けております。
歯やお口のお悩みもお気軽にご相談ください。

タグ:名古屋

B529680B-471B-4C38-9B0F-A756D3958D61


今日は今年から講義をしに行かせて頂くことになった医健さんの歯科衛生科2年生(担当生徒たち)の研究発表を聴きに行きました。

歯科衛生科からは4演題エントリーしており、指導教官によって研究内容のカラーはありますが、どれもこれもすごく洗練されておりました。学会発表や論文執筆の足掛かりとなる発表会みたいですが、学生さんに質問を投げかけてもちゃんと応答することができ、とても20歳とは思えない完成具合に感動しました。

まだできて4年の学校ではありますが、学生時代からこんな教育が受けられていると世に台頭する歯科衛生士を多く輩出する学校になるのではないかと思わされました。




そのあと、宮本歯科でも勉強会がありました。

主任歯科衛生士の山下先生からは患者さんごとの歯ブラシの選択についての発表がありました。一昨日、これまた医健の歯科衛生科の学科長先生と話していて、自分の歯ブラシについての知識の無さに恥ずかしさを覚えたところです。やはり歯科医師は歯ブラシについて弱い...というか歯科衛生士は口腔衛生管理に関わる知識が凄まじくあることを再認識させられました。

ふむふむと話を聞き入っていたら写真を撮り忘れてしまいました...

また、先日ACLSの資格更新をした主任歯科衛生士の近藤先生からは一次救命についての発表がありました。

D5D8F303-8E3C-409C-BE09-3ED31DFE2D09


実は、2月1週目の土日は歯科医師国家試験だったのですが、そこでは救命処置や心電図に関わる問題も何題か出題されておりました。

781BE575-7CAF-4D4B-BD9B-B16E89C79685


果たして世の中の歯科医師で心電図を読める人がどれくらいいるのかは分かりませんが、今の世の中では心電図が読めることが歯科医師にも求められているという事でしょう。

当院では、歯科衛生士が心電図の知識を発信してくれているという意味でも救命処置に力を入れており、院内対応はもちろん、院外対応まで視野に入れた情報共有もしております。

救える命が少しでも多く救われますように。


宮本佳宏

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

定期的な機能評価と多職種によるリハビリテーションを行なってきた患者さんから、歯科衛生士としてながく担当してきた高坂先生へ、感謝のお手紙を頂きました。

E5ABD820-6414-4DE3-A412-79362A78F4E9


心のこもったお手紙があまりに嬉しくて、高坂先生も
私も感動して涙が溢れました。これだから在宅医療は辞められません。

現在は訪問診療の受け入れができない状況で多くの施設さまやケアマネジャーさまにはご迷惑をお掛け致しておりますが、これまで長く宮本歯科がかかりつけ歯科で、通院が困難となってしまった方は一度ご相談下さい。


宮本佳宏

老年歯科医学会の専門医をようやく取得しました。

D595B16A-CDE8-45F5-9C2B-ABDABB50C872


口腔・全身機能の改善には多職種連携がそれぞれの専門性を生かした介入が基本となりますが、現実は多くの職種が一人の患者さんのために集まるのは難しいもの。そのため、実際の医療介護現場ではそれぞれの職種が自身の職種の垣根を越えた介入をする超職種連携が必要になります。看護師、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士...多くの職種から適切な知識の供給のある歯科衛生士が口腔ケア・リハビリテーションの介入を行うことで嚥下関連の機能は劇的に改善することがあります。

宮本歯科の歯科衛生士は多くの現場で多くの仲間に支えられて、多くの知識とノウハウを身につけているのが自慢です。そんな自慢の仲間とともに、これからも宮本歯科は医学の発展にさらなる貢献をしていきます。

宮本佳宏 

12月13日は毎年恒例の忘年会でした。



今年は院長より勤続30年、勤続10年、勤続5年の方への感謝が行われました。
B335AB50-3B74-4734-A0C2-ED957C842C06
8C31C21C-E5C4-40A9-83E5-991D953665E7






そして、1月1日が誕生日である院長へ、みんなからのサプライズプレゼント。
8BC91C19-A837-4BA5-BD8E-296C784E46D7






1年の締めくくりもみんなで仲良くやってます。
4006CAE4-451F-40D7-9630-B5DD2C808339





本年も1年、ありがとうございました。



今日は勉強会で大阪まで新幹線に揺られている宮本佳宏です。

私についてはスタッフ紹介のページに写真付きで載っているものの、宮本歯科では見た事ないぞとか。急患で来てみたら、一度だけ対応してもらった(レア)とか。なかなかこのブログを読んで下さっているであろう皆さまとお会いする機会はありませんので。

そこで、私が普段どのような想いで歯科医師をしているのか、今日は交通時間の許す限り徒然なるままに、私の歯科医療に対する想いを綴っていきたいと思います。

そもそも読んでくださっている人がいるのかは分からないくらいだからこそ書けるのですが。

私は子供が大好きです。それこそ、学生時代には小児歯科学を専攻しようか迷ったくらいに。しかしながら、実際に専攻したのは歯科口腔外科学や歯科補綴学、高齢者歯科学。

高齢者歯科の世界に足を踏み込んだのは、最初の職場(総合病院の歯科口腔外科)では、人生の最期まで関わる機会が多かった事がきっかけ。初期対応としての緊急コールで誰よりも先に呼んで貰えた(どれだけ深夜のコールであっても5分で到着できる)事から、死亡診断書の記載はもちろん、手を握りながら亡くなる直前の会話を交わすこともありました。

世の中の歯科診療所では一般的に、休日や深夜の緊急対応は受け入れておりません。それは、採算が労力に対して割に合わないからです。確かに、医療とはいえ、経営が破綻してしまっては元も子もありませんから当然かもしれません。

とはいえ、人生の最期に際してまで歯科にわざわざ声を掛けて頂けるなんてプライスレスなのに、採算性なんていちいち考えているなんて勿体無いと考えています。だからといって、赤字になる行為を他の職場でやらせて頂くわけにもいかないので。そのため、父の開業した宮本歯科での高齢者歯科診療では、たとえ赤字になったとしても人生の最期まで寄り添い、お口の健康管理をしていきたいと考え行っております。

すごく労力がかかる話なので、なかなかやりたがる仲間が増えない現実もありますが、少なくとも賛同してくれる仲間がいるのも事実。患者さんの家族が居宅で窒息しかかっている時に、どこより先立って当院の歯科衛生士に直接連絡をよこして助けを求めてくれた人がいるのは誇りです。ただ、そこまで信用してくれているのは嬉しいですが、命に関わる危機的状況では先に救急車を呼んで下さいね。

世の中には歯科医院は多くあれど、人生の本当の最期まで寄り添うところはどこにも見当たらないので。自分と同じ想いで活動する歯科医師・歯科衛生士を輩出したい。歯科の持つ可能性をもっと世の中に認めてもらいたい。

そんな想いから、宮本歯科での経験を大学で学生や研修医に対して講義・啓蒙活動を続けることで、少しでも同じ想いの仲間を全国に増やしたいと考えて週に3日、大学での仕事もしております。

改めて書きますが、私は子供は大好きです。大事なお子様の口腔管理を任せて頂けるとあれば、一肌脱ぎます。でも、私はその子よりも早く老いるため、恐らくその子の人生の最期まで歯科医師として付き添い遂げる事はできないでしょう。人生の最期まで寄り添い遂げる事ができる、それが私が高齢者歯科診療に力を入れるが所以です。

少しでも、患者さんの最期まで責任を持った歯科診療をする歯科医師・歯科衛生士が世の中に増えますように。

最近、お問い合わせが増えてきておりますが、現在、宮本歯科では訪問歯科診療の受け入れはストップしております。

しかしながら、長らく当院の外来に通われており、当院がかかりつけ歯科診療所となっている方が通院困難になった場合についてはご相談下さい。

↑このページのトップヘ