名古屋市中村区の歯医者さん「宮本歯科」

宮本歯科は名古屋市中村区の歯医者さんです。 中村区を中心に名古屋近郊の患者さんの歯とお口の健康サポートをする歯科医院です。

急患、歯科治療のご予約はお電話TEL 052-411-8054 でご相談ください。
訪問歯科診療の問合わせもお電話で受け付けております。
歯やお口のお悩みもお気軽にご相談ください。

タグ:名古屋市

IMG_1903


犬山市にある、結ファミリークリニックの鈴木欣宏先生が見学に来てくださいました。

鈴木先生は、犬山市で神経難病や認知症、脳卒中などに専門性を持って在宅医療に力を入れられている内科の専門医(神経学会専門医、総合内科専門医、老年医学会専門医)です。在宅医療・食支援にも力を入れており、宮本歯科の嚥下障害の方への取り組みの噂を聞いて、見学にお越し頂けたとの事。

実は鈴木先生から連絡を頂くのと同時期に、私も言語聴覚士や大学の准教授、保健所の先生などなど方々から熱い想いで在宅医療・食支援を行なっている鈴木先生とは連携を取ると良いとよく聞いておりました。そんな先生が自院での診療に使える時間を割いてわざわざ名古屋市の歯科診療の見学にお越し頂けるとのことで、貴重な時間をいかに有意義な時間にできるか、事前準備にはすごく悩まされました。

実際に見学にお越し頂き、現在宮本歯科で診療している神経疾患の方の経過がいかに素晴らしいかを再認識させられたと同時に、(通常の経過を辿れば)2〜3ヶ月で亡くなるハズの方が数年後である「イマ」も元気に口から召し上がっている奇跡を何人も何人もの患者さん相手に引き起こしてくれている当院の歯科衛生士たちの嚥下機能評価、リハビリテーション、食支援には改めて感謝させられました。

そして、患者さんへ神経疾患に真摯に向き合う鈴木先生となら、もっともっと奇跡が起きる患者さんと多く巡り合える気がします。と、言うことで、宮本歯科は犬山市に分院を出すことになりました。手厚く狭く行なっていきたいので、他の歯科医院さんで診られる方は他の医院で、まずは医療介護職からの紹介のみ対応としていく予定です。

現在、宮本歯科では訪問歯科診療の新規受け入れをストップしております。もし、当院がかかりつけ歯科医院で、全身的な病気の発症や事故等で通院が困難となってしまった場合はご相談ください。

宮本佳宏 

447009A5-7169-40F7-99C6-49112F6BEC18


FC4A8A84-86CD-40B9-960E-63720F0FBC33


約半年間に及び参加させて頂いた大阪の歯科矯正のセミナーは今日で最後です。

最近では専ら書いているのが私に偏りがあるためか、個人的な友人知人から「ブログ読んだよ」という声を聞きます。果たして、このブログを読んで頂いている方で医療介護職以外の方はどれだけいるのでしょうか。もしみえましたら来院された時にでもブログ見たよとお声掛け頂け下さい。照れます。

ところで、私には子供がおります。なかなか起きている子供とゆっくり過ごす時間は少ないですが、子供の前ではすごく真面目でヒョウキンな私なので、「お父さんが大好きだから、自分もお父さんみたいな歯医者さんになりたい」と言ってくれるようになった事を嬉しく思います。

そんな子供から、「ねーねー、しかえいせいしってなに?」と質問がありました。世の中のどれだけの人がその質問の答えをご存知でしょう。きっと、歯科医師・歯科衛生士によっても違った答えが返ってくるでしょう。

ちなみに、私は我が子に「お父さんと同じ、歯医者さんに勤める、人の命を救う先生だよ」と答えました。

当院の歯科衛生士はフットワークが軽いため、窒息しかかっている時や外傷で口腔内出血が止まらない時にも電話を受けることがあり、駆けつけます。そこまで信頼される歯科衛生士が当院に在籍してくれている事を誇りに思います。

さて、縁というのは本当に不思議なもので、在宅歯科医療にプライドを持って打ち込んでいると、その道(在宅医療)で同じようにプライドを持って打ち込んでいる仲間と巡り合わせがありました。

その詳細については追々、、。

宮本佳宏

皆様は、歯科診療の中にも「専門医」という制度があるのをご存知でしょうか。

もちろん歯科医師免許さえ取得すれば、一般的な歯科診療であればどなたにどんな治療を施しても問題ないわけです。

虫歯の治療もできますし、虫歯が大きければ歯の根の治療もできますし、 歯周病の治療もできます。残しておくことが難しい歯に関しては抜歯だってできます。抜いた後には入れ歯をだって作られます。見た目を気にされたり、歯磨きが難しい歯並びであれば歯科矯正をすることだってできます。通院困難になれば訪問歯科診療をすることだってできます。

ですが。。

虫歯治療にしても、根の治療にしても、歯周病治療にしても、 抜歯にしても、入れ歯にしても、矯正にしても、訪問診療にしても、突き詰めるとどの分野も本当に奥が深く、難しいものです。同じ歯科医師でもそれぞれに得意分野があるのです。

そこで、

それぞれの得意分野を明確にするために「専門医」制度があるのです。なお、同じように、歯科衛生士にも得意分野を明確にするために「認定衛生士」制度があります。 当然、「専門医」や「認定衛生士」の資格を取得している人たちはその分野の中で絶え間ない努力と勉強をしている証です。当院においても毎年のように学会発表をしているため、当院の診療内容は外部医療機関(研究機関や大学病院等)に提示しても恥ずかしくないものになっております。

現在日本では歯科医師の場合、標榜できる専門医は5学会が認める、
・歯科放射線専門医
・小児歯科専門医
・日本歯周病学会認定歯周病専門医
・口腔外科専門医
・歯科麻酔科専門医
があります。(それぞれが認めている専門医は各ホームページに掲載されておりますので、ご興味がありましたらご確認ください。)

以下は読売新聞記者の方が書かれた記事の抜粋ですが、これからの専門医に対する明るい未来について書かれていることを嬉しく思います。当院でも在籍者が多い老年歯科医学会は全身的なリスクを管理していくことに専門性を持った診療をしている医療者が多いため、より安全に有病者の歯科診療をできる仲間の存在を世に一生懸命にアピールしてくださっておりましたが、とうとう「総合歯科専門医」と言う形で日の目を見ることができたようです。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(以下)

虫歯、入れ歯、病気や障害のある高齢者を診る専門医も

 現在までのところ、日本歯科専門医機構が専門医認証することを決めているのは、このほかに「歯科保存専門医」(虫歯など)、「補綴歯科専門医」(入れ歯など)、病気や障害のある高齢者にも対応する「総合歯科専門医」です。

 「歯科保存」は、文字通り歯を残すことを主眼にし、虫歯の修復や根の治療、歯周病まで含めた分野。「補綴歯科」はクラウンなどの かぶせ物や入れ歯などを専門にしています。いずれも一般にはイメージしづらい名称ですが、歯科の世界では歴史のある主要分野ということで、新しい専門医として歯科保存と補綴歯科の名称を残したそうです。

 「総合歯科専門医」は、高齢化時代を見据えて、身体の病気や障害がある患者でも対応できる歯科医を認証していくそうです。老年歯科や障害者歯科、有病者歯科といった専門学会の知見を生かしてカリキュラムを整理しています。

食べる機能のリハビリに取り組む歯科診療所もある

歯科の専門医について、患者として思うのは、国民に向けて歯科医選びの指標になる専門医を作るというのであれば、わかりやすさが大切。ずばり「入れ歯専門医」とか、「根の治療の専門医」とか明確にするのもひとつの考えかと思います。また、高齢化時代を考えると、摂食嚥下のリハビリも含めた高齢者の食支援について専門知識や経験日本歯科専門医機構は、患者の目線を強く意識して専門医を作ろうとしています。国民が使いやすく、ニーズに合った専門医制度が育っていくよう期待したいと思います。

 (渡辺勝敏 読売新聞記者) 

(以上)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


老年歯科や摂食嚥下リハビリテーション、審美歯科...それぞれの専門性を持って活躍されている歯科衛生士もいっぱいいます。「認定衛生士」も標榜が認められるようになるよう、宮本歯科も微力ながら世に働きかけていきます!

また、最近では外来診療でも嚥下機能に関わる相談や評価の依頼が出てきたことを嬉しく思います。当院には摂食嚥下リハビリテーション学会認定資格を持った歯科衛生士や、認定に向けて研鑽中の歯科衛生士が多数在籍しておりますので、何かお困りのことがありましたら担当歯科衛生士にご相談ください。併せて認定資格を取得したいという歯科衛生士の方の就職相談も承っておりますので、お問い合わせください。

訪問歯科診療依頼は現在、新規受付を止めております。大変ご迷惑をお掛けしておりますが、何卒ご了承くださいませ。当院がかかりつけ歯科診療所となっている場合には一度ご相談ください。

 



 のリハビリも含めた高食支援について専門知識や経験がある「食支援専門歯科医」の看板があると助かる人も多いのではないでしょうか。75歳以上の後期高齢者になると、食が細り体重が減っていくのは要介護への最大の危険信号と言われます。高齢の家族が痩せてしまった時の相談先になりますね。

 日本歯科専門医機構は、患者の目線を強く意識して専門医を作ろうとしています。国民が使いやすく、ニーズに合った専門医制度が育っていくよう期待したいと思います。

こんにちは

歯 梅雨 キャラ


雨の日が増え、いよいよ梅雨入りしましたね
じめじめとした天気になんだか気持ちも滅入ってしまいます・・・

梅雨は心に対する影響だけでなく、体調を崩される方も多いと聞きますので、皆様くれぐれもご自愛くださいね


ところで皆様、タイトルの通りですが・・・外出が億劫になるこんな梅雨の時期に限って、歯に痛みを感じた事は、ありませんか

実はこの痛みの原因の多くは、気圧による影響のようです
そして、痛みの出る歯は、虫歯など問題がある歯に多いようなのです

まず、気圧の影響についてお話します
皆様、飛行機に乗ったときや、標高の高い山へ登山した時などに歯が痛くなった経験はございませんか

以前テレビ番組で、タレントさんが世界最高峰の山へ登山に挑戦する番組があったのですが、途中でそのタレントさんの歯に急な激痛が・・・というシーンがありました
結果その番組ではヘリコプターをチャーターし歯医者さんで抜歯をした後、また戻って登山を再開したというものでした
(タレントさん・製作スタッフさんのプロ根性、すごいですね・・・

このように、通常はひどい痛みが出ていない虫歯でも、気圧の低下により激しく痛むことがあります

ではなぜ気圧の変化により歯が痛むのでしょうか

気圧の変化でよく聞く話が、標高の高い山に登山した時、お菓子などの袋がパンパンになるなどということがありますね


実は歯の中でもこれと同じようなことが起きているのです

こちら歯のイメージです

歯の断面


歯のエナメル質(一番外側の硬い部分です)の内部には「歯髄腔(しずいくう)」という神経が入っている空洞があり、歯髄腔は普段外の気圧と等しくなっています




しかし、短時間の間に外の気圧が下がると、気圧の変化に対応しきれず、低下した外の気圧との差で内側から圧がかかり一時的に痛みが出る事があるのです

そして冒頭で述べたように、実はこの時激しく歯が痛む場合は、虫歯であることがほとんどなのです・・・


これらは「気圧性歯痛」や「航空性歯痛」といいます

特徴は、健康な歯髄や適切に治療された歯には起きにくく、気圧高度が8000~10000フィート(2500~3000メートル)付近で起きやすく、慢性の炎症などがあると急性化することがあるなどが挙げられます

登山や飛行機のほかにも、スキューバダイビングや台風などの気圧の変化でも痛みが出る可能性があります
今回ブログで取り上げた梅雨の時期に歯が痛む原因も、梅雨の低気圧が関係している事も考えられるのです

実際に痛みを感じたら、虫歯になっているかもしれない可能性がありますので、早めの受診をおすすめします

痛い思いをしたくない方は・・・やはり普段からの、虫歯・歯周病予防などの心掛けが大切ですよ

当院は予約制で診療しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね


次回は、今までとは少し違ったかたちでブログ更新を予定しております
キーワードは『ホワイトニングコーディネーター』です
お楽しみに


名古屋市中村区にある歯医者さん
医療法人 一栄会 宮本歯科
患者様専用電話 052-411-8054
予約はしていないけれど、歯が痛い⇒急患対応できますので迷わずお電話下さい
うっかり忘れを防止予約確認メールのご登録方法はこちらの記事にてご確認ください






こんにちは


タイトルの通り、ご存じの方も多くみえるかと思いますが、来る6月4日~6月10日は
歯と口の健康週間です

歯と口の健康習慣


以前ご紹介いたしました「よいはの日」や「8020運動」もそうですが、お口の健康管理を見直す良い機会です
歯医者さんから足が遠のいておられる方も、お口の健康で気になることがおありでしたら、この機会にぜひ歯医者さんに相談してみませんか
定期的に歯科検診を受け、ご自身のお口の健康を守っていきましょうね


ところで以前、私ども宮本歯科で行われる定期検診のお口のお掃除内容をご紹介しましたが、お読みいただきましたでしょうか
よいはの日や8020運動をご紹介した記事でもお伝えしたとおり、歯の健康を維持することは全身の健康を守ることに繋がり、結果的にはご自身の人生の満足度を大きく左右することになるとも考えられます

では、どうしたら歯の健康を維持することができるのでしょうか
・・・繰り返しお伝えしております通り、ご自身によるお口のケアと定期検診を受けることです

今回は、そんな定期検診について、何度もお伝えしている健康についてのメリットではなく、視点を変えて費用についてを考えていきたいと思います

貯金箱

まず、ご存じの方もみえるかと思いますが、日本の健康保険というのは「治療のための制度」なので、本来であれば予防目的の歯科検診には適用されません
ただし、何らかの自覚症状がある場合や病気の疑いがある場合、もしくは検診結果で実際に虫歯や歯周病が見つかると保険適用となります
成人であればたいていは歯周病にかかってしまっているので、現実的には保険適用となる場合が多いと言えるでしょう

宮本歯科で定期検診を受けられる方の費用といたしましては、当日の処置内容(レントゲン撮影の有無やお口のお掃除など当日何か治療等をするかどうか)によって変動しますが、保険適用内の3割負担の方で初診料を含めおおよそ3000円~4000円程度となることが多いです
お時間といたしましては、当院では定期健診の際に歯石取りも行う場合がほとんどですので、30分~1時間程度で処置しております

患者様個々のお口の状態にもよりますが、3か月~半年に一度は定期検診をご案内しておりますので、推奨通りの期間に保険適用内の検診をした場合、定期健診だけで年間おおよそ6000円~16000円程度かかってくるのがお分かりになるかと思います

この金額だけ聞くと、自覚症状の出ていないうちには、なんだか歯医者さんに行くのが気の進まない方もみえますよね

では、定期的な検診は受けず、歯や歯茎が痛み出してから歯医者に行った場合、どのくらい費用がかかるのでしょうか

虫歯などの本数や病気の進行度合いにもよりますが、保険適用内の範囲で治療を済ませた場合は、一か所の治療費はおおよそ合計で2000円~15000円程度となる場合が多いでしょう
(複数個所の虫歯治療や重症の虫歯治療、重度の歯周病治療などですと、上記以上に費用も治療期間もかかるとお考え下さい
さらに、できる限り見た目を損なわずに治療したいとお考えですと、保険適用外の自由診療(自費診療)となるので、歯医者さんによって金額は異なりますが、結果的に費用はさらにかさんでしまうことはまず間違いないでしょう

軽度の虫歯の段階ですぐに治療すれば治療期間も短く、費用も安く済むこともありますが、すでに進行した虫歯ですと、治療期間も長くなり必然的に費用も上がってしまうのです

こうして考えると、定期検診を受けたほうが、一見費用がかかるように感じられますけれど、通院による時間的拘束や治療にかかる費用の総額は、定期検診を受けるほうがずっと負担が低くなる場合が多いのではないでしょうか

なんとなく冷たいものや熱いものがしみる、朝起きた時の口臭が気になる、毎日の歯磨きで出血がある、物を噛むときに違和感がある・・・など、特に気になる症状がある場合は特に、速やかに受診することをおすすめします

早期発見・治療をすることで治療期間も費用も抑えられますし、定期的な検診で歯科医師・衛生士から指導を受け、正しいセルフケアが身につくと、虫歯や歯周病の予防にもつながっていくことでしょう

綺麗な歯


当院は予約制で診療しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね

名古屋市中村区にある歯医者さん
医療法人 一栄会 宮本歯科
患者様専用電話 052-411-8054
予約はしていないけれど、歯が痛い⇒急患対応できますので迷わずお電話下さい
うっかり忘れを防止予約確認メールのご登録方法はこちらの記事にてご確認ください


↑このページのトップヘ