名古屋市中村区の歯医者さん「宮本歯科」

宮本歯科は名古屋市中村区の歯医者さんです。 中村区を中心に名古屋近郊の患者さんの歯とお口の健康をサポートをする歯科医院です。

急患、歯科治療のご予約はお電話TEL 052-411-8054 でご相談ください。
訪問歯科診療の問合わせもお電話で受け付けております。
歯やお口のお悩みもお気軽にご相談ください。

タグ:多職種連携

「歯医者さんに聞く事じゃないかも知れないけど、、」

よく言われる、コレ。脳神経のこととか、心臓血管のこととか、内臓のこととか、骨のこととか。

患者さんや介護者は悩みがあっても、そもそもどこの病院にかかって良いのかすら分からず受診を躊躇・放置してしまうこともある。

歯科として診断まではできないけど、なんとなく当たりをつけてどこの科に相談したら良いかのアドバイスはできます。中には全身疾患の相談のつもりが実は歯科領域が原因だったりすることもあります。

とりあえず相談さえして頂ければ分からない事は全力で調べてさしあげられるし、自分には検討もつかなくても親身になって一緒に原因を考えてくれる横のつながり(医師・看護師や栄養士、療法士)も広いものです。

口の中の痛みで脳神経外科を紹介(三叉神経痛)になったり、頬の腫れで耳鼻科を紹介(耳下腺炎)になったり、歯茎のタダレで皮膚科を紹介(類天疱瘡)になったり、顎の腫れで血液内科を紹介(悪性リンパ腫)になったり。歯科医師・歯科衛生士が診たり、相談に乗ったことで適切な診療科に受診できて、症状が楽になることもあります。

そもそも在宅診療にプライドを持って真剣に取り組んでいる歯科医師・歯科衛生士は知識の宝庫だし、他科とのチームワークが強力です。

当院は少ない人員で非効率的に行う在宅での道具の準備・片付け中も立派な相談を受け付けの雑談タイム。ひとつひとつに時間がかかるので医院としてのキャパシティは小さく、あまり多くの患者さんを抱えるだけのキャパシティはないですが、自分なら自分のような医療人にみられたいという想いで日々寄り添う診療をしております。

ご迷惑をお掛けしますが今後とも宜しくお願いします。

D0445DB8-5815-4AEF-A77C-075E3697AC9E


今月も医療・福祉に関わる多職種を集めた勉強会を開催しました。

今回の講師は主任歯科衛生士の近藤先生。

日頃から書面上だけではなく顔が見える関係での多職種連携を図りたいと考え昨年から細々と継続して参りましたが、今回は院外からも薬剤師、看護師、理学療法士、言語聴覚士、柔道整復師、鍼灸師、社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員などの在宅医療に関わる職種が多く集まり、お子様も合わせて総勢42名に参加して頂くことができました。

前回も30名程度の参加で部屋のキャパシティギリギリではありましたが、今回は全員が部屋に入りきらず部屋の外まで椅子を置いて対応させて頂く形になってしまったので、次回も人が集まるようであれば壁を取り除いて収容人数上限を増やして対応予定です!

勉強会の後には各々の専門分野の意見交換会を行い、温かい心を持つ人の輪がさらに拡がりました。お互いが顔の見える関係になることでより良い連携を取ることが可能になって、介護保険利用者さん・患者さんの人生生活の質が少しでも向上しますように。

宮本佳宏

IMG_4072


当院では7年間続いている月一回の院内スタッフ勉強会に加えて、昨年より月に一回、院内だけでなく院外の医療・福祉に関わる有志の仲間を集めた勉強会を行なっております。

今回は当院の歯科衛生士長 宮村先生が講師として、院内外の30人近くの参加者を相手に講習会を開いてくれました。

特に参加希望者が殺到した今回の勉強会では当初の予想を上回る参加者数だったため急遽、他の歯科衛生士や言語聴覚士の先生がたにも実技研修のサポートもしていただけました。

昨年から数えて今回で13回目となる勉強会でしたが、本当に多くの仲間に集まって頂けるようになり、今回も一段と多職種が集まり和気藹々とした会になりました。そして今回は初めて5歳と3歳のとても仲良くかわいらしいペアにも実技研修に参加して頂けました☆

宮本佳宏

ミールラウンド
「食べ物を口から安全に食べること」

普段みなさまが当たり前に行っていることかと思いますが、
脳卒中や認知症などの様々な病気が原因で、
その当たり前ができなくなってしまうことがあります。

最期まで口から食べること、たとえそれがリスクが高いとしても、
本人やご家族が望む場合には多くの職種が協力しあって、
少しでも安全に人生の質の維持ができる方法を考え提案します。

今日は
歯科衛生士の伊藤先生と長野県松本市にある松本歯科大学まで、
老年歯科医学会主催の食事支援のセミナーに参加してきました。

歯科医師の菊谷先生、管理栄養士の栗原先生から貴重なお話を頂きました。
学んだ内容は普段の臨床に生かしながら、日々研鑽していきます。

宮本佳宏

↑このページのトップヘ