名古屋市中村区の歯医者さん「宮本歯科」

宮本歯科は名古屋市中村区の歯医者さんです。 中村区を中心に名古屋近郊の患者さんの歯とお口の健康サポートをする歯科医院です。

急患、歯科治療のご予約はお電話TEL 052-411-8054 でご相談ください。
訪問歯科診療の問合わせもお電話で受け付けております。
歯やお口のお悩みもお気軽にご相談ください。

タグ:歯医者

D0445DB8-5815-4AEF-A77C-075E3697AC9E


今月も医療・福祉に関わる多職種を集めた勉強会を開催しました。

今回の講師は主任歯科衛生士の近藤先生。

日頃から書面上だけではなく顔が見える関係での多職種連携を図りたいと考え昨年から細々と継続して参りましたが、今回は院外からも薬剤師、看護師、理学療法士、言語聴覚士、柔道整復師、鍼灸師、社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員などの在宅医療に関わる職種が多く集まり、お子様も合わせて総勢42名に参加して頂くことができました。

前回も30名程度の参加で部屋のキャパシティギリギリではありましたが、今回は全員が部屋に入りきらず部屋の外まで椅子を置いて対応させて頂く形になってしまったので、次回も人が集まるようであれば壁を取り除いて収容人数上限を増やして対応予定です!

勉強会の後には各々の専門分野の意見交換会を行い、温かい心を持つ人の輪がさらに拡がりました。お互いが顔の見える関係になることでより良い連携を取ることが可能になって、介護保険利用者さん・患者さんの人生生活の質が少しでも向上しますように。

宮本佳宏

IMG_4202


宮本歯科では院内スタッフの知識や技術の向上のために勉強会が月1回開催されています。

7年間の歴史がある当勉強会の今回の講師役は歯科衛生士 山下先生。実は過去には言語聴覚士をされているお兄様にも宮本歯科内で勉強会を開いて頂いており、宮本歯科とは山下兄妹とご縁があり、教えて頂いております。

今回も一方的に話すだけの座学的な話に留まらず、みんなが積極的に参加できるような楽しい会にしてくれました。

宮本佳宏

IMG_4142


32名が在籍する宮本歯科では人材育成と、さらなる規模の拡大のため、歯科医療従事者を対象とした就職フェアに出展致しました!

沢山ご来場頂いた皆様の前で医院PRをプレゼンテーションする事はとても緊張しましたが、その後に当院のブースに凄く沢山の方々に寄って頂けた上、医院への見学希望や来年度の就職を希望して頂けました。

熱い想いを持って地域の医療に貢献できる歯科医療従事者が宮本歯科で育ち、ここで働けて良かったと思って貰える医院でいられるよう、宮本歯科は精進し続けます。

宮本佳宏

IMG_4072


当院では7年間続いている月一回の院内スタッフ勉強会に加えて、昨年より月に一回、院内だけでなく院外の医療・福祉に関わる有志の仲間を集めた勉強会を行なっております。

今回は当院の歯科衛生士長 宮村先生が講師として、院内外の30人近くの参加者を相手に講習会を開いてくれました。

特に参加希望者が殺到した今回の勉強会では当初の予想を上回る参加者数だったため急遽、他の歯科衛生士や言語聴覚士の先生がたにも実技研修のサポートもしていただけました。

昨年から数えて今回で13回目となる勉強会でしたが、本当に多くの仲間に集まって頂けるようになり、今回も一段と多職種が集まり和気藹々とした会になりました。そして今回は初めて5歳と3歳のとても仲良くかわいらしいペアにも実技研修に参加して頂けました☆

宮本佳宏

IMG_3709


口腔ケアと聞いて皆様は何を思い浮かべますでしょうか。
 
もしかしたら「歯の汚れを落とすこと」と頭に浮べる方も多いかもしれません。
もちろん、口の中の汚れを落とすことは身体の健康を維持するためにはすごく基本的で大事なことです。しかしながら、口の中の汚れはもちろん、首周りの筋肉のコリさえも肺炎の間接的な原因の一つにもなります。

そこで歯科医師、歯科衛生士はお口やお顔、首の周りまで全体の状況を見て、それらの環境を整えます。環境が整うと、肺炎の予防ができるだけではなく、口から食事はもう二度と摂れないと諦められた方が再度食事を再開できるようになることもあります。それにはご家族はもちろん、普段から口の中を見てくれている介護士、看護師、言語聴覚士などとの協力が不可欠であり、歯科にとっては心強いパートナーとなります。

今回、テルウェル西日本ケアポート名古屋様から、口腔ケアの実技講習を依頼して頂き、歯科衛生士の近藤先生が登壇させていただきました

講習会では介護福祉士、社会福祉士、サービス担当責任者、介護支援専門員 、主任介護支援専門員、看護師など多くの現場でご活躍されている方々に参加していただくことができ、熱心に聴いて頂け、質疑応答も活発で、介護保険利用者の方々を想う熱い心がこちらまでしっかりと伝わってくる職場でした。こういう熱い想いを持ってお仕事をされる人が増えれば医療・福祉の質はもっともっと充実する、と感じた1日でした。

宮本佳宏

 

↑このページのトップヘ