名古屋市中村区の歯医者さん「宮本歯科」

宮本歯科は名古屋市中村区の歯医者さんです。 中村区を中心に名古屋近郊の患者さんの歯とお口の健康サポートをする歯科医院です。

急患、歯科治療のご予約はお電話TEL 052-411-8054 でご相談ください。
訪問歯科診療の問合わせもお電話で受け付けております。
歯やお口のお悩みもお気軽にご相談ください。

タグ:歯科衛生士

IMG_1903


犬山市にある、結ファミリークリニックの鈴木欣宏先生が見学に来てくださいました。

鈴木先生は、犬山市で神経難病や認知症、脳卒中などに専門性を持って在宅医療に力を入れられている内科の専門医(神経学会専門医、総合内科専門医、老年医学会専門医)です。在宅医療・食支援にも力を入れており、宮本歯科の嚥下障害の方への取り組みの噂を聞いて、見学にお越し頂けたとの事。

実は鈴木先生から連絡を頂くのと同時期に、私も言語聴覚士や大学の准教授、保健所の先生などなど方々から熱い想いで在宅医療・食支援を行なっている鈴木先生とは連携を取ると良いとよく聞いておりました。そんな先生が自院での診療に使える時間を割いてわざわざ名古屋市の歯科診療の見学にお越し頂けるとのことで、貴重な時間をいかに有意義な時間にできるか、事前準備にはすごく悩まされました。

実際に見学にお越し頂き、現在宮本歯科で診療している神経疾患の方の経過がいかに素晴らしいかを再認識させられたと同時に、(通常の経過を辿れば)2〜3ヶ月で亡くなるハズの方が数年後である「イマ」も元気に口から召し上がっている奇跡を何人も何人もの患者さん相手に引き起こしてくれている当院の歯科衛生士たちの嚥下機能評価、リハビリテーション、食支援には改めて感謝させられました。

そして、患者さんへ神経疾患に真摯に向き合う鈴木先生となら、もっともっと奇跡が起きる患者さんと多く巡り合える気がします。と、言うことで、宮本歯科は犬山市に分院を出すことになりました。手厚く狭く行なっていきたいので、他の歯科医院さんで診られる方は他の医院で、まずは医療介護職からの紹介のみ対応としていく予定です。

現在、宮本歯科では訪問歯科診療の新規受け入れをストップしております。もし、当院がかかりつけ歯科医院で、全身的な病気の発症や事故等で通院が困難となってしまった場合はご相談ください。

宮本佳宏 

B529680B-471B-4C38-9B0F-A756D3958D61


今日は今年から講義をしに行かせて頂くことになった医健さんの歯科衛生科2年生(担当生徒たち)の研究発表を聴きに行きました。

歯科衛生科からは4演題エントリーしており、指導教官によって研究内容のカラーはありますが、どれもこれもすごく洗練されておりました。学会発表や論文執筆の足掛かりとなる発表会みたいですが、学生さんに質問を投げかけてもちゃんと応答することができ、とても20歳とは思えない完成具合に感動しました。

まだできて4年の学校ではありますが、学生時代からこんな教育が受けられていると世に台頭する歯科衛生士を多く輩出する学校になるのではないかと思わされました。




そのあと、宮本歯科でも勉強会がありました。

主任歯科衛生士の山下先生からは患者さんごとの歯ブラシの選択についての発表がありました。一昨日、これまた医健の歯科衛生科の学科長先生と話していて、自分の歯ブラシについての知識の無さに恥ずかしさを覚えたところです。やはり歯科医師は歯ブラシについて弱い...というか歯科衛生士は口腔衛生管理に関わる知識が凄まじくあることを再認識させられました。

ふむふむと話を聞き入っていたら写真を撮り忘れてしまいました...

また、先日ACLSの資格更新をした主任歯科衛生士の近藤先生からは一次救命についての発表がありました。

D5D8F303-8E3C-409C-BE09-3ED31DFE2D09


実は、2月1週目の土日は歯科医師国家試験だったのですが、そこでは救命処置や心電図に関わる問題も何題か出題されておりました。

781BE575-7CAF-4D4B-BD9B-B16E89C79685


果たして世の中の歯科医師で心電図を読める人がどれくらいいるのかは分かりませんが、今の世の中では心電図が読めることが歯科医師にも求められているという事でしょう。

当院では、歯科衛生士が心電図の知識を発信してくれているという意味でも救命処置に力を入れており、院内対応はもちろん、院外対応まで視野に入れた情報共有もしております。

救える命が少しでも多く救われますように。


宮本佳宏

更新が遅くなりましたが、2019年度に新しく入職して頂いた、歯科医師2人、歯科衛生士2人、歯科助手2人、受付1人を迎えたため、ささやかながら歓迎会を行いました。



大学病院で学生の頃から卒後の進路相談にも乗らせて貰っていた人が当院で勉強したいとのことで、3人も入職くれたのはなんとも感慨深いものです。


宮本佳宏

更新が遅くなりましたが。

主任歯科衛生士の近藤先生が摂食嚥下リハビリテーション学会で認定されました。


CB4F93DB-F995-4E91-8924-6EDF163CC1B5



近藤先生はとても努力家で、歯科衛生士資格を取ってから考えうる最短期間で認定されました。

摂食嚥下(飲み込み・ゴックン)が困難になった方にいかにリハビリ等をして安全に食事を摂取して頂くか、興味を持って勉強されている方が学会に入っており、現在の正確な会員数は分かりませんが、2006年時点で5,000人以上、2015年時点で11,000人以上いるとのこと。2019年現在では一体どれくらいいるのでしょうか。


そんな中、認定を受けるために毎年500人以上が受験する厳しい試験を受けて合格し、歯科衛生士で認定登録を受けている人はこれまでにまだ171名しかおりません。


今年入職したての後輩も近藤先生に憧れて同じように学会に入って勉強をしたりと、先輩の高いモチベーションがまたモチベーションの高い後輩へと繋がっていくのも嬉しいものです。


66E8C966-F452-43A5-B837-B8E3BC5539F9



AAE57CE7-DA0B-4CF3-8CA2-2C75B7EB3BE4





宮本佳宏

こんにちは

前回のホワイトニングコーディネーターのインタビュー記事、いかがでしたでしょうか
宮本歯科には有資格者や新たな資格取得に向けて日々努力している衛生士が多数在籍しております

今回は、当院の訪問歯科診療に携わる 歯科衛生士訪問主任 の 近藤 と 二村 の2名をGUESTとし、またまたインタビュー記事にて当院の訪問診療についてご紹介したいと思います
訪問診療車 ブログ用

(掲載写真は訪問診療のイメージです。本記事内容に特別な関わりはありません。)

お二人とも今回はよろしくお願いします。
近藤さんが入職3年目、二村さんが2年目ということですが、宮本歯科の訪問診療において特にやりがいを感じたエピソードはありますか?

近藤
よろしくお願いします。
お一人お一人に対する思い入れが大きいので、やりがいはたくさんあります。
中でも私が特に印象に残っているのは、寝たきりの患者様で、訪問歯科診療介入以前は口腔乾燥が強く、乾燥した痰が多く付着しており、歯間部にもべったりと汚れがついてしまっていた患者様のことです。
継続的な口腔ケアの介入で、口腔内環境が改善されました。また、呼びかけにもほとんど反応がなかったのですが、ケアを重ねる毎に少しずつ意識状態が良くなっていく過程を間近で見て、やりがいを感じました。

二村
よろしくお願いします。
近藤さんがおっしゃったように、訪問診療の患者様は、外来にみえる患者様以上にお会いする頻度が高いので(週に1度は口腔ケアに行く場合が多いため)、患者様やそのご家族に対しての思い入れは大きいです。
中でも特にやりがいを感じたのは、初診時には口腔内がどろどろと汚れがひどく、お話しすることもままならない状態から、継続的な口腔ケアにより口腔内環境が改善されて、お話しできるようになった患者様のことです。

ありがとうございます。
訪問診療を受けている患者様のほとんどが、ご高齢でしたり、お身体が不自由でしたり、何かしらのご病気を抱えてみえる方ですからね。
体力的な面でも、一度に長時間の治療は難しいでしょうし、必然的にお会いする頻度は増え、治療期間が長期間になることも多いですね。

近藤
そうですね。
訪問診療は、なんらかの事情で通院が困難な方を対象としており、特にご高齢の方が多いので・・・治療の途中でお別れがくることもあります。
私は、長期に渡って診ていた患者様がお亡くなりになられた際、エンゼルケア(亡くなられた直後に、患者様を人生の最期にふさわしい装いに整えること)で口腔内を綺麗にさせていただきました。
患者様の人生に寄り添い、最期まで歯科衛生士として関わることができたことは、何にも代え難い貴重な経験でした。

患者様の最期まで寄り添うというのは、医療人として誇りに思えるところですね。

二村
やはり、やりがいや喜びを感じるような経験だけでなく、訪問診療では通院困難の理由から、外来にみえる患者様よりも、一つの治療で死に直結してしまう可能性が高いので、緊張感は大いにあります。
例えば全身状態の把握は、もちろん外来においても大切ですが、訪問診療ではその状態からどこまでの治療を行うのかを歯科医師と歯科衛生士とで判断しなければならず、責任は重大です。

なるほど。外来とは違った緊張感や責任もついて回るということですね。
訪問診療には、一般歯科外来だけでは経験できないことがたくさんあふれているのですね。

BlogPaint


近藤
はい、訪問診療で初めて経験したことは数多くあります。
たまたま患者様がおやつを召し上がっている時に窒息されて、その場に居合わせた看護師、介護士と連携し、咽頭吸引し一命を取り留めたこともありますよ。
また、他職種連携を図る上で、歯科領域のみならず、他の職種の知識も必要とされるので、衛生士学校では学んでこなかった知識を新たに身に付けなければならないので大変ではありますが、新しい発見があったりするので学びがいはありますね。

目の前で窒息・・・非日常すぎて言葉が出ないです。
歯科の領域だけでなく他の職種の知識をつけるには、ひとかたならぬ努力が必要でしょうね。
でもそういった知識はいつどんな場面で役に立つかわかりませんから、歯科衛生士としても大きなレベルアップですね。
そういえば、お二人ともACLSの資格を持っていらっしゃいますが、それもこういった学びの延長として取られたのでしょうか?
ブログを読んで下さっている方の多くは、ACLSといっても聞き慣れない資格かと思うので、どのような資格なのかもお教えくださいますか?

part1はここまで
次回はACLSの資格についてなど、インタビュー後編をお送り致しますっ
お楽しみに

↑このページのトップヘ