73F3C872-6FAE-4BA3-8056-B878DB6B9D3E


この度、老年歯科医学会の代議員を申し仕りました。

老年歯科医学会は今年で30周年を迎え、2019年時点での会員数は4,000名を超えました。歯科医学会(38学会で合計38,417名)の中では1番大きな学会の1つ。その代表として選ばれたからにはこれまで以上に高齢者歯科診療の発展と進歩のために社会貢献していく所存です。

また、老年歯科医学会は1959年に発足された老年学会の7学会(老年医学会、老年社会科学会、老年歯科医学会、基礎老化学会、老年精神医学会、老年看護学会、ケアマネジメント学会)のうちの1つで、高齢者に対する医療・介護福祉のスペシャリストが日本全国から一同に揃う7学会合同の学術大会が2年に1度開催されます。

合同大会では歯科だけでなく、他科医療・介護福祉を併せて大多数の人が集まって新しい知識や道具を広め合うので本当にワクワクします。次の開催は来年の名古屋で予定されています。その頃には新型コロナウィルスが収束していて欲しいものです。

さて、今年から、医健の歯科衛生科の学生さんに対して高齢者歯科学についての講義を任せて頂けることになりました。ありがたいことに講義中は誰1人として眠ることなく聴いて頂けて、さらに講義の感想としては泣いた・感動したなどのコメントが多く見られたことをすごく嬉しく思います。

歯科衛生士は摂食嚥下機能の評価、機能向上のリハビリテーションにおいてすごく力を発揮します。歯科衛生士の存在価値を社会から理解して貰えるよう采配できる歯科医師がもっと増えてくれる事、またその想いに応えてくれる歯科衛生士が増えてくれる事を心から願っています。