名古屋市中村区の歯医者さん「宮本歯科」

宮本歯科は名古屋市中村区の歯医者さんです。 中村区を中心に名古屋近郊の患者さんの歯とお口の健康サポートをする歯科医院です。

急患、歯科治療のご予約はお電話TEL 052-411-8054 でご相談ください。
訪問歯科診療の問合わせもお電話で受け付けております。
歯やお口のお悩みもお気軽にご相談ください。

タグ:衛生士

BlogPaint

二村
はい、まずACLSとは二次救命処置(Advanced Cardiovascular Life Support)です。二次心肺蘇生法ともいいます。気管挿管や薬剤投与といった高度な心肺蘇生法を学びました。
具体的には、脳卒中を発症した人への対応や、心肺停止の患者様への対応・心電図の読み取りもできるようになりました。
資格を取ったのは、私は訪問担当医である佳宏先生のすすめがあった為です。訪問診療に携わるからというよりも、医療人として、持っていて損はないと私も感じました。外来でも訪問診療でも患者様の急変時には対応できるだけの勉強をした証なので、やっぱり自信にはなりますね。

近藤
ちなみにACLSはBLSの有資格者でなければ受講できません。
BLSとは一次救命処置(Basic Life Support)です。成人や乳幼児への心肺蘇生法、気道異物の除去や、AED(自動体外式
除細動器)での除細動を学びます。
資格取得をしたのは、歯科衛生士単独で訪問歯科診療へ行くことがあるので、独居の患者様の口腔ケアをする際、患者様と私しかいないという状況で、万一何か起きた時にその場で可能なできる限りの処置ができるようになりたいと思ったからです。
実際には生命の危機となる事態が起こらないことが一番ですが、どんな場面でも現実に起こりうることですからね。


なるほど。万一の事態に備える・・・そういった意識は、宮本歯科に勤める全員にほしいものですね。
今まで院内勉強会などでも講師をしていただいていますが、これからも定期的に指導をお願いします。

近藤
そうですね。資格取得の際当然ながら実技もあるので、無資格の方と有資格者では万一の事態に動けるかどうかは圧倒的に違いが出るとは思います。けれど、知識として耳に入れるだけでも、不測の事態への心構えができますからね。

こうしてお話を聞くだけで身の引き締まる思いが致しますね。
最後に、これからますます高齢者の多い社会がすすんでゆきますが、その中で歯科衛生士という立場から患者様のためにできることはどんなことが考えられるでしょう?

二村
口腔ケアを私たち歯科衛生士が行っていく事で、高齢者の方のQOL(クオリティ・オブ・ライフ・・・以前ブログでご紹介していますのでよろしければご覧下さい★)を向上させるお手伝いができると思います。
適切な口腔ケアは、自分らしく最期を迎えるお手伝いとも言い換えられるかもしれません。
その可能性を信じてこれからも職務を全うしたいと思います。

近藤
日本社会の高齢化に伴い、要介護高齢者も年々増加していくのに比例して、訪問歯科診療のニーズは高まると思います。実際に、日本人の死因別死亡率の第四位は肺炎ですが、要介護高齢者の第一位は肺炎です。その中でも多いのが誤嚥性肺炎といわれています。
口腔内の環境が悪化していると、口腔内の細菌が肺に落ち込んで誤嚥性肺炎の発症率が高まるのです。
日常的口腔ケアと定期的な専門的口腔ケアの徹底は、口腔内の病原菌を減らすだけでなく、口腔への刺激により嚥下機能が回復して、食事が進むようになり、栄養状態が改善します。ひいては、免疫力が向上して肺炎の予防につながることが実証されています。
また、近年では「オーラルフレイル」という新しい考え方も普及しつつあります。
口腔ケアのもたらす健康へのメリットは、まだまだ無限の可能性が秘められています。私たち衛生士が命を守る、というのは大げさですが、微力ながら、患者様のお力になれればと思っておりますので、これからも尽力いたします。

お二人とも、ありがとうございました。今後もさらなるご活躍期待しております。
近藤さんのおっしゃった「オーラルフレイル」は今注目の考え方ですよね。
次回詳しくご紹介させてください。

お読みいただきありがとうございました
またまた長くなってしまいましたが…
次回は近藤さんに「オーラルフレイル」について詳しくお聞きしたいと思います
お楽しみに

こんにちは


宮本歯科の1階待合室の掲示板にてお知らせしておりますが、本院は歯科衛生士専門学校の臨床実習施設となっており、衛生士学校の生徒さんと関わらせていただく機会があります

臨床実習 よこ

生徒さんの年齢層は幅広いようですが、皆さん礼儀正しくまじめに実習に臨んでおられるので、スタッフの私たちも良い刺激を受けられます

現在、当院に在籍している歯科衛生士は11名です
(育休中の方やパートさんもいます
ブログでご紹介しております勉強会はもちろんですが、それとは別に、新卒で入ってきてくれたスタッフの教育の一環として、歯科衛生士で集まってレポート提出やディスカッションを行い、日々勉強しております

つい先日は、医療事故や院内感染についてディスカッションをしていました
(専門用語が多すぎるので内容は割愛させて頂きますね)

院内勉強会以外にも、こういった勉強の場が作れるのは、在籍人数の多い歯科医院ならではだと思います
歯科衛生士画像


これからも、スタッフ一同精進してまいります

名古屋市中村区にある歯医者さん
医療法人 一栄会 宮本歯科
患者様専用電話 052-411-8054
予約はしていないけれど、歯が痛い⇒急患対応できますので迷わずお電話下さい
うっかり忘れを防止予約確認メールのご登録方法はこちらの記事にてご確認ください





こんにちは
いよいよ3月も終わりに近づき、新年度が目前に迫ってまいりましたね
私どもも4月より新たな仲間を迎えるに当たり、気の引き締まる今日この頃です

前回の記事では、花粉症によるお口の乾燥が歯周病を悪化させかねないこと、お読みいただけましたでしょうか
虫歯や歯周病を防ぐためにも、宮本歯科では患者様それぞれのお口の状態に合わせて、数か月毎に定期検診を推奨しています

定期検診では、歯科医師による虫歯等のチェックと歯科衛生士によるお口のお掃除をおこないます

歯医者さんでは目元にタオルを被せて処置する場合が多く、実際にはどんなことをやっているのかなとお思いになる方もみえるのではないでしょうか

今回は宮本歯科で定期検診の際に行うお口のお掃除内容のご説明と実際に使用する器具をお写真にてご紹介できればと思います

まずは、永久歯を対象とした歯茎の状態の検査から始まります
歯周ポケットの深さや、歯のぐらつきの有無、歯茎からの出血の有無を確認していきます

P検

このように、目盛の付いた細い棒のようなもの(歯周ポケットプローブといいます)で歯茎と歯の間にある歯周ポケットの深さを測ります
この際チクッと痛みを感じる方も見えます
もし耐えられないほど痛いと感じる方はすでに歯茎に炎症が起きている可能性が高いです

続いて、歯磨き指導もしくはお口のお掃除に移っていきます
(ご紹介します順序につきましては、患者様個々のお口の状態によって異なる場合がございますのでご了承ください

歯磨き指導では、お子さんの場合は染め出しを行い、どこが汚れているか実際に見て楽しく指導していきます
染め出し

場合によって大人の方でも染め出しをさせていただくこともありますよただし着色が残る場合があるので、もちろん患者様の都合によりお断りいただく事もできます

使用した患者様指導用の歯ブラシは、お持ち帰りいただきますので、ぜひご自宅で指導内容を振り返りつつお使いくださいね
指導用歯ブラシは窓口でも販売しております

指導用歯ブラシ

カラフルでかわいいですよ
ご紹介した指導用歯ブラシは1本100円で販売もしております
(上記はブログ記事更新時の価格です、予告なく価格変更する場合がございますのでご注意ください


お口のお掃除では、スケーラーという歯石除去専用の器具を用いて歯石を取り除いたり・・・
スケーラー

専用のブラシやカップを用いて研磨剤でツルツルに磨き上げたり・・・
カップ・ブラシ


研磨剤など

フロスや歯間ブラシを用いて細やかな清掃を行っています
フロス、歯間ブラシ

やはりプロのお口のお掃除を受けると、お口の中がすっきりいたしますよ

定期的に歯科検診を受け、お口の健康を維持していきましょう
当院では、お口のお掃除をする歯科衛生士は担当制で、担当者が責任を持って患者様のお口の状態を継続して観察します
お悩み事やセルフケアでのお困り事も担当者へお気軽にご相談くださいね
スタッフ一同、定期検診で元気な皆様とお会いできるのを楽しみにしております

名古屋市中村区にある歯医者さん
医療法人 一栄会 宮本歯科
患者様専用電話052-411-8054
予約はしていないけれど、歯が痛い⇒急患対応できますので迷わずお電話下さい
うっかり忘れを防止!予約確認メールのご登録方法はこちらの記事にてご確認ください


↑このページのトップヘ