名古屋市中村区の歯医者さん「宮本歯科」

宮本歯科は名古屋市中村区の歯医者さんです。 中村区を中心に名古屋近郊の患者さんの歯とお口の健康サポートをする歯科医院です。

急患、歯科治療のご予約はお電話TEL 052-411-8054 でご相談ください。
訪問歯科診療の問合わせもお電話で受け付けております。
歯やお口のお悩みもお気軽にご相談ください。

タグ:誤嚥性肺炎

今年の歯科衛生士国家試験でこんな問題が出題されておりました。

IMG_5730 (1)

専門用語だらけでわかりにくいですが、飲み物を飲むと気管に入ってムセルから、コップの改造をして対応をする、と答えさせる問題です。「歯医者でコップの改造?実際に歯医者がそんな知識を使うことある?」と思われる方もいるかもしれませんが、実際にあります。

以前に水分の飲み込みに問題がある方へのコップ(縁が切れたタイプ)を当院から貸し出ししたことがある施設の介護職員さまから「借りたコップだとどうも上手くいかない」とのことで、オーダーメイドの縁切れコップの作製依頼がありました。

改造する元のコップを介護職員さまからお借りし、形状は食具に関しての専門家である作業療法士に相談させて頂き、歯科技工士に具体的にどういったものを作っていくかをお伝えし、完成したオーダーメイドコップの使い方を歯科衛生士が説明・指導する...

コップひとつを取っても、患者さんがいかに安全に食事を摂られるかを色々な職種と連携を取りながら考えていきます。 

 
依頼通りの機能が果たせるように設計線を描いて

IMG_5759

大雑把に削って形を整えて

IMG_5758

荒研磨をして肌が触れても痛くないように

IMG_5756

引っ掛かりがないようにもっともっと研磨して

IMG_5755

汚れが付きにくいように鏡面研磨をして

IMG_5754

元よりも滑沢に仕上がりました!

IMG_5753

当院の歯科技工士はコップだけでなく、歯ブラシや歯間ブラシなどもそれぞれの患者さんの状態に合わせて必要な形に改造をしてくれるので、すごくありがたいです。

国家試験問題にも出題されるような、本来は当たり前のことではあるのだけど、色々な職種がお互いに信頼しあって、色々な形で患者さんの人生に寄り添えるというのはとても素敵なことだと思います。これからも、困った時には歯医者さんに相談してみる(たとえ歯医者さんにはできないようなことでも、適切な職種と連携を取ってなんとかしてくれる)と思っていただけるような医院になれたら幸いです。

宮本佳宏 

誤嚥性肺炎に対する「口腔ケアの効果」は様々なメディアでも取り上げられるようになりました。


メディアで取り上げられるようになるにつれて世の中の関心も高まり、色々なフィールドから講習会や講演会の依頼を受けるようになりました。


先日、特別養護老人ホームのなごやかハウス名楽様より口腔ケアの講習会を開催させて頂いた事は記事にさせて頂きましたが、講習会以降、入所者の方々の口腔内の清掃状態は確実に良くなってきております。


また、施設に訪問するたびに介護職員の方から開口困難な方の開口方法について質問して頂いたり、義歯の取り扱いや口腔ケアの個別具体的な介入方法を質問して頂いたり、これからもさらに改善していくことを感じ、嬉んでおります。


また先日、当院が協力歯科医療機関ではない某老人保健施設様の会議で「宮本歯科の歯科衛生士が口腔ケアに入っている入所者の方は誤嚥性肺炎の発症が減るだけではなく嚥下機能が改善して元気になることが多いのは何故か」ということが議題に取り上げられたそうです。これを聞いた時は私自身が飛び上がる程に嬉しかったですが、実際に日々の口腔ケアを頑張って頂いているのは、施設の介護職員・看護職員の方々です。


当院の歯科衛生士は施設の職員様が口腔ケアをしやすい環境を整えるサポートをさせて頂いた上で、当院の歯科衛生士は入所者様の生活の質の向上を一番に考えながら、他職種との連携を取る事によって、それが結果として嚥下機能の向上と食事の最適化に繋がって誤嚥性肺炎が減って元気になるのではないかと考えております。これからも、我々は人生の最後まで関わる歯医者さんとして、精一杯取り組んでいきます。


入所者の方の誤嚥性肺炎をどう減らしていくか、最期まで口から食べさせたい、など悩みがございましたら、当院には老年歯科医学会や摂食嚥下リハビリテーション学会で日々研鑽をしている歯科衛生士が多数在籍しておりますので、是非お問い合わせください。


宮本佳宏

↑このページのトップヘ